タリン歴史地区

スポンサーリンク

[タリン歴史地区(Historic Center of Tallinn)は、エストニアの首都タリンの旧市街に残る歴史的遺産。1997年ユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。
タリンは1219年以来デーン人によって建設され、1346年ドイツドイツ騎士団、1583年スウェーデン、1710年ロシア帝国と支配者が交代した。
旧市街にはトームペア城を始め、大聖堂、聖霊教会、聖ニコラス教会、アレクサンドル・ネフスキー教会、城壁などが残る。
タリン旧市内・wikipedia-photo  (wikipedia・タリン歴史地区より)]

タリンのページへリンク

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックすると都市のトップページが別画面で表示されますますので、そこから掲載箇所にアクセスできます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です