ザクゼンハウゼンの旧市街

スポンサーリンク

マーカーはザクゼンハウゼンの旧市街です。

ザクゼンハウゼンの旧市街
[1192年に初めて文献に記録されているマイン川南岸のザクセンハウゼンは、フランクフルト方言で「ドリップデバッハ」(川の対岸)と呼ばれている。この呼び名はイネンシュタットを指す「ヒップデバッハ」(川のこちら側)に対する呼び名である。中世からここには主に漁師、農民、職人が住んでおり、粗野な言葉遣いや生活態度で知られていた。18世紀から19世紀にかけて次第に裕福な市民も住むようになった。やがてザクセンハウゼンの旧市街は人気の飲食店街となった。しかし、アメリカ軍駐屯地が閉鎖された後、この街は訪れる人の減少に苦しんだ。これ以後、空き家や荒廃した建物が目立つようになっていった。それでも伝統的な、一部はとても古くから続くリンゴ酒酒場が残った。市は、この地区の復興に尽力した。その結果、飲食店の他に小さなオフィスやアトリエが開設され、日中も活気が高まっている。
ザクセンハウゼンでは第2土曜日ごとに、ドイツ最大級のノミの市が開催される。
ザクセンハウゼンの飲食店街・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

[お祭りでなくとも、マイン川南岸のザクゼンハウゼン地区には昔ながらのりんご酒(Apfelwein)を出すレストランが軒を連ね、毎晩のように地酒を楽しむことができます。石畳に古い建物が並び、気取らない下町の居酒屋といった雰囲気の店内で、人々は郷土料理を肴にリンゴ酒のグラスを傾けます。ワイングラスというと、脚と台が付いたグラスを思い浮かべますが、リンゴ酒はゲリプテス(Geripptes)と呼ばれるダイヤ模様が入った切子のコップで飲むのが特徴。灰色に青い模様が入ったベンベル(Bembel)という専用のピッチャーから注がれます。  (「フランクフルトの地酒「アプフェルヴァイン」 – ドイツ生活情報満載 …」より)] 

(Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です