フランクフルト市庁舎

スポンサーリンク

マーカーはフランクフルト市庁舎です。

フランクフルト市庁舎
[レーマー(フランクフルト市庁舎)は、フランクフルト旧市街に位置し、1405 年から現在まで約 600 年間、同じように市議会を定期開催してきた市庁舎で、数世紀のうちに複数のタウンハウスを擁する複合施設となり、街の 1 区画全体を占めるまでになりました。  (「レーマー / フランクフルト|エクスペディア」より)]

[フランクフルト市庁舎・wikipedia-photo]

(Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,
Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio)

カメラ初期設定方向がフランクフルト市庁舎です。

カメラ位置はベートマン通り(Bethmannstraße)で、カメラ東方向両サイドの建物がフランクフルト市庁舎です。

フランクフルト・アム・マイン
[フランクフルト・アム・マインは、794年2月22日にカール大帝(フランク王国の国王・在位:768年 – 814年)がレーゲンスブルクの聖エンメラム修道院宛の文書に初めて記述されている。この文書には「マイン川の畔にフランクフルトと名付けられた村がある」と記述されています。この村は、おそらくローマ帝国の軍事基地となり、メロヴィング朝時代にフランク王国の王宮所在地となった。843年にフランクフルトはしばしば東フランク王国の最も重要な王の居城であり、帝国会議の開催地となった。フランクフルトは1220年に帝国自由都市となった。
1356年の金印勅書は、フランクフルトを恒久的なローマ王の選挙開催地に指定した。しかしそれ以前の1147年からすでにほとんどの王の選挙がこの街で行われている。1562年からは皇帝の戴冠も、1792年の最後の神聖ローマ皇帝フランツ2世(神聖ローマ皇帝・在位:1792年 – 1806年、オーストリア皇帝・在位:1804年 – 1835年)の戴冠に至るまで、フランクフルトで挙行されるようになった。
1806年、旧帝国の滅亡に伴い、フランクフルトは領主司教カール・テオドール・フォン・ダールベルクの支配下に置かれ、自らの領邦であったレーゲンスブルクおよびアシャッフェンブルクとともにライン同盟内で独立領邦を形成した。1810年にダールベルクはレーゲンスブルクバイエルン公に割譲し、これと交換にハーナウフルダを得た。これらとフランクフルト市やアシャッフェンブルク地方を併せて、1810年から1813年までの短期間ではあるがフランクフルト大公国を創設した。
ナポレオン体制の崩壊により、フランクフルトは1813年12月14日に戦勝連合国によってフリードリヒ・マクシミリアン・フォン・グリュンダーローデの支配下に置かれた。
ウィーン会議バイエルン王国はフランクフルトの併合を目論んだが、1815年6月8日に会議はフランクフルトをドイツ連邦内の自由都市とすることを決定した。これによりフランクフルトはハンブルクブレーメンリューベックと並ぶ 4つの自由都市の一つとなった。この伝統的な都市自由権は近代に至るまで存続した。ドイツ連邦の連邦議会はフランクフルトで開催された。1848年、ドイツで3月革命が起こった。招集された国民議会はフランクフルトのパウロ教会で開催された。
1866年の普墺戦争では、フランクフルトはドイツ連邦に忠実であった。公式な立場はオーストリアや皇帝の側であったが、経済や外交的理由からプロイセンとの連携を支持するべきだとの意見が古くからあった。この街は7月18日にプロイセンのライン軍によって占領され、重い軍税を課された。10月2日にプロイセンはこの都市を併合し、これによりこの都市の独立は失われた。フランクフルトはヘッセン=ナッサウ州ヴィースバーデン県に編入され、軍税の支払いはその後免除された。1868年にプロイセンは、上級市長を市の代表者とする市参事会制度をフランクフルトに布いた。1871年、普仏戦争フランクフルト講和条約をもって公式に終結した。
フランクフルトは、第一次世界大戦による破壊を免れたが、プロイセンに属すヘッセンとバイエルンとの国境にあたるその立地のために、食料品や日用品の不足に苦しめられた。1918年の11月革命の際には暴動が起き、時には市街戦が行われる状況が1919年末まで続いた。
国家社会主義の時代には、11,134人のユダヤ人がフランクフルトから追放され、殺害された。第二次世界大戦では、連合国によるフランクフルト空襲によって市域の約 70 % が、アルトシュタットおよびインネンシュタットはほぼ完全に破壊された。  (wikipedia・フランクフルト・アム・マインより)]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です