ユダヤ人街記念館

スポンサーリンク

マーカーはユダヤ人街記念館です。

ユダヤ人街記念館

[Google アートプロジェクト] – 「ユダヤ人街記念館

[1987年、聖バルトロメウス大聖堂東の旧ユダヤ人墓地に隣接した地域で行われていた市の交通サービスセンターの建設工事の際にフランクフルト・ゲットーの遺跡が発掘された。工事を中止してゲットー遺跡を保存するべきか、それともゲットー遺跡を壊して工事を続行するべきかで政治家・国民の意見が分かれ、歴史認識問題も絡んでドイツの政治的論争となった。
当時フランクフルト市の与党であったキリスト教民主同盟は工事の続行を主張した。対して野党だったドイツ社民党緑の党は工事の中止を求めた。野党は「数百年にわたり隔離され、迫害された民族の遺跡を取り壊し、コンクリートを流し込んで沈めてしまう事は、第二次世界大戦ユダヤ人大量虐殺に続く、最終的なユダヤ人抹殺政策である」と主張した。これに対して与党は「フランクフルト・ゲットーからアウシュヴィッツは一直線ではない」と反論した。しかし世論は野党支持の方が圧倒的であり、結局、与党はゲットー遺跡の取り壊しを中止せざるをえなくなった。交通サービスセンターの建物の地下部分をまるまる使用してゲットー遺跡を展示するフランクフルト・ゲットー博物館(Jüdisches Museum Frankfurt)が創設される運びとなった。1992年11月9日、ナチ党政権下で起こった反ユダヤ主義暴動「水晶の夜」事件の54周年追悼記念日に合わせて博物館は開館された。
フランクフルト・ゲットー博物館(Museum Judengasse)・wikipedia-photo  (wikipedia・フランクフルト・ゲットーより)]

(Panoramio,Panoramio,Panoramio)

カメラ南東方向がユダヤ人街記念館です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です