リガ歴史地区

スポンサーリンク

[リガ旧市街は、南縁にリガ中央駅中央市場、西縁がダウガヴァ川と河港、そして東側が新市街である。
「ドイツよりもドイツらしい」と言われるような中世ドイツらしさが残るのは、ドイツ人によって都市の基礎が形作られたという歴史ゆえであろう。旧市街は中世ドイツの商業都市の特徴が多く見られ、とりわけハンザ同盟時代の街並みがよく残されている。世界遺産に登録されたのも、ロマネスクゴシックバロックなどの建築様式が混在する、歴史的学術的価値の高さによる。ソ連支配の時代、旧市街の開発は不活発であり、これが街並み保存に寄与したとみることもできる。バルトのパリと呼ばれる。
リガ旧市街・wikipedia-photo、旧市街の中心地 ・wikipedia-photo  (wikipedia・リガより)]

リガのページへリンク

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックすると都市のトップページが別画面で表示されますますので、そこから掲載箇所にアクセスできます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *