リューベックの世界遺産

スポンサーリンク

[リューベックのトラベ川とトラベ運河に囲まれた島にある旧市街地は世界遺産に登録されている。
旧市街地の入り口のホルステン門(Holstentor)はユーロ導入以前の旧50ドイツマルク紙幣の図柄にも採用されている。 マルクト広場に面して黒レンガ造りの市庁舎がある。その隣にゴシック様式のマリエン教会がある。
なんといっても、トーマス・マンの故郷で、『ブッデンブローク家の人々』はこの町に住んだ彼の一族をそのままモデルにしたもの。生家は以前は銀行の支店だったこともあるが、現在ではマンの記念館になっている。
旧市街地は、運河が周囲に掘り巡らされていて、船での周遊が観光の目玉。古い船員組合の建物がレストランになっていて、大航海時代の巨大な帆船模型が天井から吊り下げられ、また壁面はさまざまな航海の様子を描いた油彩で飾られた中での魚料理はまた格別と評判。
ホルステン門(1478年)・wikipedia-photo、上空から見たリューベックの風景・wikipedia-photo、中世のリューベック・wikipedia-photo、市庁舎・wikipedia-photo  (wikipedia・リューベックより)]

リューベックのページへリンク

下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックすると都市のトップページが別画面で表示されますますので、そこから掲載箇所にアクセスできます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *