市庁舎(ラートハウス)

スポンサーリンク

マーカーは市庁舎(ラートハウス)です。

市庁舎(ラートハウス)
[リューベックの市庁舎ではハンザ会議が開催され,ハンザ同盟の重要な意思決定がここでなされた。ゴシック様式で建てられた黒レンガ造りの重厚な外観が,質実剛健なハンザらしい風格を感じさせる。
まず目を引くのは円形の風穴をもつファザードと緑色のとんがり帽子を被ったような姿の複数の細い尖塔だ。同じくハンザ都市であるシュトラールズントロストックの市庁舎も,同じような風穴と尖塔をもつ。両都市ともリューベックからの移民により13世紀に建設された娘都市であるため,市庁舎のデザインにも母都市の影響を受けたと思われる。
リューベック 市庁舎さらに,光沢のある黒緑色のレンガがリューベック市庁舎の個性を際立たせている。他のドイツ諸都市を見てみても,このような色のレンガは非常に珍しい。色の秘密は,レンガに牛の血と塩が混ざっていることだという。
市庁舎の建設は,13世紀前半,リューベックが神聖ローマ帝国直属都市となってまもなく始まった。ほとんどの部分がレンガ造りのゴシック様式だが,マルクト広場に面した白いアーチ部分や東側の外階段はルネッサンス様式で建てられている。
市庁舎内部は,ガイドツアーで見学できる。  (「リューベック・市庁舎と聖マリエン教会」より)]

[ドイツの数ある市庁舎のなかで、もっとも美しいもののひとつにあげられる。威厳と風格を備えた黒いレンガ造りの建物は、当時の繁栄を色濃く今に残す。13世紀に建てられた北側の壁がもっとも古く、2つの大きな風穴がある。もとはゴシック建築だが、16世紀にルネサンス様式で増築。地下にはレストラン「ラーツケラー」がある。  (「ドイツ/ハンブルグ・エリカ街道・北ドイツ/リューベック – 旅旅ビレッジ」より)]

(Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,
Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,
Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio)

カメラ初期設定方向が市庁舎(ラートハウス)です。

カメラ北方向が市庁舎(ラートハウス)です。

市庁舎(ラートハウス)西庭からのカメラです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です