聖マリエン教会

スポンサーリンク

マーカーは聖マリエン教会です。

聖マリエン教会
[市庁舎(ラートハウス)に隣接するように,商人のための教会,聖マリエン教会がそびえ立つ。聖マリエン教会もまた,ホルステン門や市庁舎と同様にハンザ期のリューベックの繁栄を象徴する建物である。都市の中心部にあるのが大聖堂ではなく,商人のための教会であるというところに,商業都市リューベックの性格がよくあらわれている。
1250年から1350年にかけてゴシック様式で建設された。塔の高さは約125メートル,天井高は約83メートル。ドイツで3番目に大きく,レンガ造りではドイツ最大の教会である。
聖マリエン教会は北ドイツにおける最も重要な教会建築のひとつに数えられる。バルト海沿岸地域にあるおよそ70の教会がこの聖マリエン教会を手本にして建てられたと言われている。
リューベック 聖マリエン教会また,青年時代のバッハが訪れたことでも知られている。バッハはこの教会のオルガニストであったディートリヒ・ブクステフーデの演奏に感銘を受け,無断で休暇を延長してまでもこの教会に通ったという。
残念ながら聖マリエン教会の建物は第二次世界大戦の際に爆撃を受け,大部分が破壊されてしまった。現在の建物は戦後復元されたものである。
聖マリエン教会の悪魔
教会の前に愛嬌のある悪魔が座り込んでいる。この悪魔の像には教会建設にまつわる次のような有名な言い伝えがある。
聖マリエン教会の建設が始まったとき,悪魔はブドウ酒酒場ができると勘違いし,嬉々として建設の手助けをした。悪魔のお陰で建設は驚くべき速さで進んだが,実はそれが酒場ではなく教会だと気付くと,怒った悪魔は完成間近の教会を破壊し始めてしまった。それを止めるために教会のすぐ近くに酒場を建設することが約束されると,悪魔は上機嫌になり教会を壊すのをやめ,無事に聖マリエン教会が完成した。こうして教会のすぐ向かいの市庁舎にブドウ酒酒場がつくられたのだそうだ。  (「リューベック・市庁舎と聖マリエン教会」より)]

(Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,
Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,
Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio,Panoramio)

カメラ南東方向が聖マリエン教会です。

聖マリエン教会シュヴェのストリートビューで、カメラ初期設定方向が聖マリエン教会です。

カメラ位置は聖マリエン教会内身廊です。

聖マリエン教会祭壇前のカメラです。

第二次世界大戦後にリューベックの時計職人によって復元された天文時計。

聖マリエン教会の悪魔前の360citiesです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です