江戸六地蔵

スポンサーリンク

Google Earth で街並散歩(日本編)」で取り上げた、江戸六地蔵についてまとめてみました。

[江戸六地蔵は、宝永から享保年間にかけて江戸市中の6箇所に造立された銅造地蔵菩薩坐像である。
江戸深川の地蔵坊正元が、宝永3年(1706年)に発願し江戸市中から広く寄進者を得て、江戸の出入口6箇所に丈六の地蔵菩薩坐像を造立した。病気平癒を地蔵菩薩に祈願したところ無事治癒したため、京都の六地蔵に倣って造立したものである。
鋳造は神田鍋町の鋳物師、太田駿河守藤原正儀により、像高はいずれも270cm前後である。造立時には鍍金が施されていた(東禅寺の第二番は弁柄色の漆)が、現在では金箔の痕跡をわずかに残すだけとなっている。それぞれの像内には小型の銅造地蔵菩薩坐像や寄進者名簿などが納められていた。また、像や蓮台には寄進者の名前が刻まれており、寄進者は合計すると72000名を越える。
江東区永代寺の第六番は富岡八幡宮の二の鳥居付近にあったが、明治元年(1868年)の神仏分離令による廃仏毀釈により、旧永代寺が廃寺になり取り壊された。現存する第一番から第五番までは、すべて東京都指定有形文化財に指定されている。
第六番の代仏が、上野の浄名院(台東区上野桜木二丁目6-4)に祀られている。浄名院が江戸六地蔵を名乗っている事については、他の札所でも賛否両論あるらしい。

江戸六地蔵一覧
●第1番 – 品川寺(真言宗醍醐派)・1708年(宝永5年)・2.75m・現存・旧東海道・東京都品川区南品川三丁目5-17
●第2番 – 東禅寺(曹洞宗)・1710年(宝永7年)・2.71m・現存・奥州街道・東京都台東区東浅草二丁目12-13
●第3番 – 太宗寺(浄土宗)・1712年(正徳2年)・2.67m・現存・甲州街道 東京都新宿区新宿二丁目9-2
●第4番 – 真性寺(真言宗豊山派)・1714年(正徳4年)・2.68m・現存・旧中山道・東京都豊島区巣鴨三丁目21-21
●第5番 – 霊巌寺(浄土宗)・1717年(享保2年)・2.73m 現存・水戸街道・東京都江東区白河一丁目3-32
●第6番 – 永代寺(高野山真言宗)・1720年(享保5年)・不明・現存せず・千葉街道・旧:東京都江東区富岡一丁目(深川公園内)、現:東京都江東区富岡一丁目15-1  (wikipedia・江戸六地蔵より)]

江戸六地蔵以前の元禄の頃(1688~1704)にも、六地蔵が建立されていて、この六地蔵は東都六地蔵と称されているようですが。残念ながら現存するのは東都六地蔵第二番と浄光寺の二体を残すだけと云うことです。

東都六地蔵第二番(金銅仏)
[専念寺・専念精舎 千駄木1-22-22
江戸時代に東都六地蔵の第二番として有名であった地蔵尊は、この奥の道端(もと専念寺(せんねんじ)境内。本堂は戦災で焼失。)に露仏(ろぶつ)として安置されています。円頂立姿、宝珠(ほうじゅ)と錫杖(しゃくじょう)を持つ高さ1.8米ばかりの鋳造(ちゅうぞう)である。
 東都六地蔵は空無上人(くうむしょうにん)が元禄の頃(1688~1704)に建立(こんりゅう)したものである。建立の年代順に示すと、
    第1番 瑞泰寺(ずいたいじ) (文京区向丘2-36-1)(昭和61年再建・銅鋳造)
    第2番 専念寺(文京区千駄木1-22-22)
    第3番 浄光寺(じょうこうじ)(荒川区西日暮里3-4-3)
    第4番 心行寺(しんこうじ)(府中市紅葉丘2-32-14)
    第5番 福聚院(ふくじゅういん)(台東区上野公園16-13)
    第6番 正智院(しょうちいん)(台東区浅草2-31-3)
  現存する東都六地蔵は、ここと浄光寺の二体を残すだけとなり、貴重なものである。
                -郷土をはぐくむ文化財ー
              文京区教育委員会     平成7年3月    (「2000-266 東都六地蔵 第二番 – FC2」画像より)]

地図表示リンクとして、江戸六地蔵(浄名院含む)、東都六地蔵第二番(金銅仏)、第3番浄光寺と江戸六地蔵に匹敵するとされる銅造地蔵菩薩坐像を祀る浄土寺を表示してあります。

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

    スポンサーリンク

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です