三味線堀跡

スポンサーリンク

マーカーは三味線堀跡です。

三味線堀跡
[現在の清洲橋通りに面して、小島1丁目の西端に南北に広がっていた。寛永7年(1630)に鳥越川を掘り広げて造られ、その形状から三味線堀とよばれた。一説に、浅草猿屋町(現在の浅草橋3丁目あたり)の小島屋という人物が、この土砂で沼地を埋め立て、それが小島町となったという。
 不忍池から忍川を流れた水が、この三味線堀を経由して、鳥越川から隅田川へと通じていた。堀には船着場があり、下肥・木材・野菜・砂利などを輸送する船が隅田川方面から往来していた。
 なお天明3年(1783)には堀の西側に隣接していた秋田藩佐竹家の上屋敷に3階建ての高殿が建設された。大田南畝(おおたなんぼ)が、これにちなんだ狂歌をのこしている。
 三階に 三味線堀を 三下り 
   二上り見れど あきたらぬ景
 江戸時代明治時代を通して、三味線堀は物資の集散所として機能していた。しかし明治末期から大正時代にかけて、市街地の整備や陸上こうつうの発達にともない次第に埋め立てられていき、その姿を消したのである。  平成15年(2003)3月  台東区教育委員会  (「東京都台東区の歴史 – 三味線堀跡」より)]

[清洲橋通りに面して、小島町1丁目の南北にかけ、2つの船溜まりがあった。2つとも、東西約50メートル、南北約30メートルで、それを長さ190メートル、幅約10メートルの堀割でつなぎ、三味線堀と称した。三味線の形に似ていることからその名が付けられた。
不忍池から忍川をへて、この三味線堀に落ち、やがて鳥越川から隅田川に注ぐ。いまの都立忍岡高校のところにあった蓬莱園の大池にも水は流れていた。
この堀は、寛永7年(1630)鳥越川を堀り拡げ、旧小島町一帯の沼地を埋め立てるために造られたが、大正6年までにほとんど埋めつくされ、いまは区設三味線堀市場の名称だけが残っている。
「震災後、松浦屋敷は消えて、その後が裁判所になりました。松浦の殿様は、歴代茶道石州流鎮信派の家元で、小堀遠州作庭の蓬莱園と茶室「心月庵」がありました。
また、三味線堀も埋め立てられました。私の記憶では、三味線堀は汚(オ)ワイ舟がいた汚い印象だけが残っています。堀水は東行して須加橋をくぐり、蔵前高等工業学校のところで鍵方に折れ、さらに東行して隅田川に合流していたというわけです。工業学校の辺りを私の親たちは天文原と呼んでいましたし、三味線堀の西側を佐竹原といっていましたね。そのくせ、原なんて空き地は無かったんですよ。
佐竹通りの賑やかな商店街は、下谷竹町通りに通じていて、どういう訳か古着屋が軒を並べていました。その北側に開盛座という芝居小屋がありました。客席は枡です。開盛座の通りを南に、和泉橋のほうに行くと、右手の大きな敷地に三井慈愛病院があり、裏手に市村座がありました。鳥越町の東は御蔵で、赤レンガ塀が長々とつづく邸が青地家で、江戸時代の札差業者でした。」  (「三味線堀」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション- 〔江戸切絵図〕. 浅草御蔵前辺図」(絵図上中央・「佐竹次郎上屋敷」下に三味線堀が描かれています。)

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書 – 拾五之二」のコマ番号「2」で絵図中下に三味線堀が描かれています。)

[三味線堀より望む佐竹右京太夫 江戸上屋敷絵・画像リンク、佐竹屋敷見取り図・画像リンク、明治41年頃の三味線堀※左手が佐竹商店街・画像リンク  (「商店街の歴史 – 佐竹商店街」より)]

カメラ位置は佐竹通り南口交差点で、カメラ東北東方向ビルの辺りが三味線堀跡です。カメラ北西方向一帯に秋田藩佐竹家の上屋敷があった。また、カメラ西北西方向に佐竹商店会のアーケード口があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.