天文台跡(説明板)

スポンサーリンク

マーカーは天文台跡説明板です。

天文台跡
[この地点から西側、通りを一本隔てた区画(浅草橋3丁目21,22,23,24番地の全域及び19,25,26番地の一部)には、江戸時代後期に、幕府の天文・暦術・測量・地誌編纂・洋書翻訳などを行う施設として、天文台がおかれていた。天文台は。司天台(してんだい)、浅草天文台などと呼ばれ、天明二年(1782))、牛込藁店(わらだな)(現、新宿区袋町)から移転、新築された。正式の名を「頒暦所御用屋敷」という。その名の通り、本来は暦を作る役所「天文方」の施設であり、正確な暦を作るためには観測を行う天文台が必要であった。その規模は、「司天台の記」という史料によると、周囲約93.6メートル、高さ約9.3メートルの築山の上に、約5.5メートル四方の天文台が築かれ、43段の石段があった。また、別の史料「寛政暦書」では、石段は二箇所に設けられ、各50段あり、築山の高さは9メートルだったという。幕末に活躍した浮世絵師、葛飾北斎の「富嶽百景」の内、「鳥越の不二」(wikipedia-photo)には、背景に富士山を、手前に天体の位置を測定する器具「渾天儀(こんてんぎ)」を据えた浅草天文台が描かれている。ここ浅草の天文台は、天文方高橋至時(よしとき)らが寛政の改歴に際して、観測した場所であり、至時の弟子には、伊能忠敬がいる。忠敬は、全国の測量を開始する以前に、深川の自宅からこの天文台までの方位と距離を測り、緯度一分の長さを求めようとした。また、至時の死後、父の跡を継いだ高橋景保の進言により、文化八年(1811)、天文方内に「蕃書和解御用」という外国語の翻訳局が設置された。これは後に、洋学所、蕃書調所開成所開成学校大学南校と変遷を経て、現在の東京大学へ移っていった機関である。天文台は、天保十三年(1842)、九段坂上(現、千代田区九段北)にも建てられたが、両方とも、明治二年に新政府によって廃止された。平成11年3月 台東区教育委員会   (「東京ガードレール探索隊」より)]

高橋景保
[近藤重蔵(守重)と高橋景保は、どちらも書物奉行を務めたのち悲惨な最期を遂げましたが、悲惨さの程度において、景保の最期は重蔵のそれにまさります。
文政11年(1828)10月10日夜、現在の台東区浅草橋3丁目にあった天文台下の景保の屋敷が捕り手に囲まれ、景保は重罪人として捕らえられ獄に入れられました。理由は、オランダ商館の医師シーボルトに日本の地図など国外持出しが禁じられていた資料を提供した事実が発覚したため。景保は2年前に江戸滞在中のシーボルトを訪ね、資料の交換を約束しましたが、それが景保ほか関係者の逮捕(シーボルト事件)につながりました。
景保は翌12年(1829)2月16日に獄中で病死(45歳)。死骸は塩漬け保存され、翌年3月に「重々不届之至ニ付、存命ニ候得者、死罪仰付者也」(存命していれば死罪)なる判決が下されたのち、源空寺(現・台東区東上野6丁目)に埋葬されました。
展示資料の『蛮蕪子』は、景保の逮捕と獄死を中心にシーボルト事件の顛末を記した書。書名は景保が「蛮蕪」と号したことに由来しています。  (「旗本御家人II – 29. 蛮蕪子(ばんぶし) : 国立公文書館」より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション- 〔江戸切絵図〕. 浅草御蔵前辺図」(絵図中央下・浅草御蔵の左上鳥越橋の右上に「頒暦所御用屋敷」と記述され天文台屋敷が描かれています。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 浅草下谷本郷辺絵図 : 寛保延享之頃(1741 – 1748)」(コマ番号3/3・絵図中央左方向に「測量所」と描かれています。鳥居耀蔵の養父鳥居成純。)

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書 – 拾五之二」のコマ番号「2」で浅草御蔵の右下鳥越橋(天王橋)の左下に「測量所」と記述されている。

国立国会図書館デジタルコレクション – 御府内往還其外沿革図書. 拾五之三」のコマ番号「83」左ページ「天明二寅年(1782年)之形」に測量所が初記述されています。)

カメラ北北西方向・桜の前二つの案内板の左側が天文台跡の説明板です。

カメラ位置は天文台跡の中心(浅草橋3丁目21,22,23,24番地の境界点)です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.