浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑

スポンサーリンク

マーカーは浅草教会です。

浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑
[この地に鳥越川が流れ、隅田川に注いでいた。この今は暗渠となっている鳥越川のほとりで江戸時代の初期1613年8月16日、小伝馬町の牢獄に捕らえられていた者と共に8名のキリシタンが、幕府の禁教令にめげず信仰を守り通して斬首された。
同じく翌17日には14名、9月19日には更に5名がこの鳥越川のほとり、甚内橋より東の地にて処刑された。
これらの、幕府の迫害にも屈せず、神への純正な心を貫き通した人々の殉教をいつまでも忘れぬよう、この地に、この記念碑を建立した。
    2002年1月 カトリック浅草教会  (「お知らせ – カトリック鷺沼教会公式サイト」より)]

[浅草教会の敷地内には「浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑」が建てられている。1612年、駿府岡本大八事件江戸に波及し、2代将軍徳川秀忠により江戸八丁堀にあったと言われる江戸修道院が破壊され、次いで1613年、浅草・鳥越の地を拠点とするようになった江戸のキリシタンたちは一斉捕縛されてしまった。捕らえられたキリシタンたちはこの教会から東に500mほど行った浅草鳥越刑場で殉教したという。処刑地として名を残す鳥越川は不忍池から隅田川へ流れ込んでいたらしいが大正時代には埋め立てられてしまった。刑場のことは浅草橋の街のにぎやかさからは伺い知る由もないが、ここで殉教していった者の名は、浅草教会の片隅にはっきりと記されて忘れられることはない。  (「大江戸切支丹殉教地を行く(1) WORSHIP@blog/ウェブリブログ」より)]

カメラ西南西方向が浅草教会で、敷地内に浅草・鳥越きりしたん殉教記念碑があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.