浅草御蔵・蔵前

スポンサーリンク

マーカーは浅草御蔵・蔵前案内板です。

浅草御蔵・蔵前
[浅草御蔵は、江戸幕府が全国に散在する直轄地すなわち天領から年貢米や買上米などを収納、保管した倉庫である。大坂、京都二条の御蔵とあわせて三御蔵といわれ、特に重要なものであった。浅草御蔵は、また浅草御米蔵ともいい、ここの米は、主として旗本御家人の給米用に供され、勘定奉行の支配下に置かれた。元和6年(1620)浅草鳥越神社の丘を切り崩し、隅田川西岸の奥州街道沿い、現在の柳橋2丁目、蔵前1・2丁目にかけての地域を埋め立てて造営した。このため、それ以前にあった北の丸、代官町、矢の蔵などの米蔵は、享保(1716-1736)頃までに浅草御蔵に吸収された。江戸時代中期から幕末まで、浅草御蔵のまえがわを「御蔵前」といい、米蔵を取り扱う米問屋札差の店が立ち並んでいた。現在も使われている「蔵前」という町名が生まれたのは、昭和9年のことである。
 碑は、昭和三十一年六月一日、浅草南部商工観光協会が建立したものである。 平成11年3月 台東区教育委員会  (「名所江戸百景 第61景「浅草川首尾の松御厩河岸」|東京ガードレール」より)]

札差
[札差(ふださし)は、江戸時代に幕府から旗本・御家人に支給される米の仲介を業とした者。浅草の蔵前に店を出し、米の受け取り・運搬・売却による手数料を取るほか、蔵米を担保に高利貸しを行い大きな利益を得た。札差の「札」とは米の支給手形のことで、蔵米が支給される際にそれを竹串に挟んで御蔵役所の入口にある藁束に差して順番待ちをしていたことから、札差と呼ばれるようになった。
旗本・御家人たち蔵米取は、御蔵役所から米の支給の呼出しがあるまで、浅草御蔵の前で茶や団子を売っていた水茶屋や、いつも米を売り払っている米問屋の店先などで休んでいた。蔵米の受け取りや換金といった作業の代理をこれらの店が行うようになったのが札差の起源である。元来、蔵米取は、俸禄米支給日に自ら浅草のお蔵に出頭し、蔵米を受取り、米問屋に売却したものであるが、それらの面倒な手続きを札差が代行してくれたのである。そのため、札差から借金をする必要がない者も蔵米の受取りと売却だけを依頼することが多かった。彼らは蔵米支給日が近づくと、得意先の旗本・御家人の屋敷をまわって、それぞれ手形を預かっておき、御蔵から米が渡されると、食用の米を除いて残りの米を当日の米相場で現金化し、手数料を差引いて、現金と米を各屋敷に届けてやるのである。この場合、客である蔵米取の武士たちを札旦那と呼び、旗本・御家人は札差のことを「米蔵にある家」という意味で蔵宿と呼んでいた。
株仲間の結成
享保8年(1723年)に浅草蔵前の札差109人が、南町奉行大岡越前守御番所に株仲間結成を願い出て吟味を受け、さらに翌享保9年(1724年)5月、ほぼ認可の見通しを得て、さらに5ヶ条からなる願書を109人の連署をもって提出した。その願書から約2ヶ月後に札差株仲間は公許された。これ以後、株仲間による独占営業となり、それ以外の者が新規に札差となることはできなくなった。
ここに成立した109名の札差株仲間は、主として茅町・瓦町・福井町・旅籠町・天王町・蔵前片町・森田町・大護院門前・猿屋町に店があった。これらを御蔵前片町組・森田町組・天王町組の三組に分け「札差三組」と呼び、それぞれ31名・47名・31名が属した。各組から月番で行事(行司とも書く)5名ずつが出て、毎月の扶持米、春夏冬の三季に支給される俸禄米、幕府の財政上の支出米などについて、蔵前米相場を調べて店の前に張り出して公示することが義務づけられた。
株仲間起立当時の札差は、後年営業権である株を譲渡(売却)して廃業したり、欠落(かけおち)や処罰により株式を幕府に召上げられたりした者もある(この株を上り株という)。一方、屋号・名前をそのまま長く継続した札差は、仲間内で起立人(きりゅうにん)として最も重んぜられた家柄となった。  (wikipedia・札差より)]

資料リンク
国立国会図書館デジタルコレクション- 〔江戸切絵図〕. 浅草御蔵前辺図

国立国会図書館デジタル化資料 – 御府内往還其外沿革図書 – 拾五之二」のコマ番号「2」の大川の下・御米蔵が浅草御蔵です。

(名所江戸百景ファイル:100_views_edo_105.jpg)

江戸名所図会」(画像は国立国会図書館ウェブサイトより取得)・大倉前閻魔堂牛頭天王十王堂

江戸名所圖會. 卷之1-7 / 齋藤長秋 編輯 ; 長谷川雪旦 畫圖」・「大倉前閻魔堂牛頭天王十王堂」(16-31)

浅草御蔵跡碑 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向に浅草御蔵跡碑と説明版が設置されています。カメラ方向には現在東京都下水道処理施設と蔵前水の館と言う資料館がありますが、この場所に蔵前国技館が建っていて、1984年(昭和59年)9月場所千秋楽を最後に閉館しました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.