築地場外市場

スポンサーリンク

[場外市場は都心にある食の問屋街として発展してきました。場内市場は平成28年の施設完成後に豊洲への移転を予定しています。約80年に渡り共存共栄してきた場内市場の移転は築地に大きな変化をもたらします。築地場外市場はこれからの新しい築地を作っていくため、まちの強みを活かした新しいまちづくりを押し進めています。
築地はプロの買い出し人が、電車や自転車、バイク等で訪れ、買い回り・品定めを行うのに適した場所にあります。場内市場の移転先である豊洲は現在地よりも沿岸部にあるためこれまで以上に移動時間がかかってしまいます。
このため場外市場ではこれまで通り都心の飲食店関係者が日常的な買い回りを続けられるよう、中央区と恊働し93区画の店舗区画をからなる「築地新市場(仮称)」の建設を予定しています。
※築地新市場は場内市場の移転前にオープンすることを予定しています。  (「これからの築地 | 築地場外市場 – 公式ホームページ」より)]

店舗検索|築地場外市場

築地場外市場は上記のように「築地新市場(仮称)」オープン目指して工事が始まっていますが、築地場外市場の下記の立ち食い寿司と玉子焼店及び気になる店舗について「もんぜき通り」を中心にまとめてみました。

[「江戸前寿司について、北大路魯山人は『握り寿司の名人』にて「戦後、寿司が立ち食いから椅子にかけて食うようになった」と述べており、かつては屋台で立ち食いする料理であった。現在では充分な時間をかけて食事を楽しむのものであるが、握り寿司が誕生、流行していた江戸時代では入店して適当に素材を見繕った注文をして小腹を満たせば早々に勘定を済まして退店するという「せっかち」だった江戸っ子らの食事マナーが粋とされていた。(wikipedia・江戸前寿司より)」と云うことなので、サイト「築地の寿司を侮るなかれっ~!!安くて旨い!江戸っ子立ち食い」を見ると立ち食い寿司には「まぐろざんまい」と「おかめ」がある。
また、「玉子焼きは、寿司(握り寿司・江戸前寿司)だねの一つとして江戸時代から使用されていた。築地市場には「カシタマ(河岸玉)」と呼ばれる玉子焼きの専門店があり、有名な店では購買客の行列が見られる。(wikipedia・卵焼きより)」とあり、築地場外市場の店舗一覧を見ると8軒の玉子焼店がある。]

下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。吹き出しにはマーカーポイントの案内ページのリンクが設定されています。

    スポンサーリンク