7.サリー・フォックス

サリー・フォックス(Sally Fox)

サリーフォックス(Sally Fox)の訳(※原文サイトは削除されていますが掲載を続行します。)ですが、語学に弱くネットで単語確認しながら訳しましたが間違いが多いと思います、また前後の脈絡から想像も加えています。

[サリーフォックスがカラードコットンを発明したわけではありません – それは常に自然の中で存在してきました。インカ帝国では、彼らの織物にそれを使用していました。カーキ色の制服地は最初にインドの褐色綿で作られていました。アメリカ合衆国では、アフリカ系アメリカ人奴隷は彼らが販売するかもしれない白い綿を栽培することを禁じられて以来、自分らの庭の中に茶の綿と緑の綿を育てていました。

フォックスは、1989年に彼女自身の色の綿を発表しました。それまで、誰も機械で紡糸(織り糸)することができる自然に着色された綿を栽培することは不可能だと思っていました。それまでは、色の綿は短く、弱い繊維で、それは、不経済なつらくて骨の折れる手作業によって紡がなければなりませんでした。つまり、商業的に実現可能な唯一の綿が白い綿であったのです。しかし、白い綿は、環境にやさしい製品ではありません。白い綿はジーンズ、シーツ、シャツになる前に、綿織物を漂白してから染めなければならず、この両方の過程は、環境汚染の大きな要因となっています。Foxfibre(フォックスのコットンのブランド名)は、無漂白で染色を必要としません。彼女の最初の二つの色は – 青磁緑(セラドングリーン)と暖かい赤褐色を持っていました – 発表当時斬新な感覚として受け止められました。繊維産業界と一般の人々が初めて、環境に優しいコットンができたことを知った瞬間でした。彼女の綿に受注が入り始めました。

フォックスはその綿が革命綿なろうとは想像もしなかった。しかし、多くの点で、彼女は彼女の新しい綿を発表する前に行っていたすべてのものが、その後の役割を担うための完璧なトレーニングだったのです。彼女は12歳の時、彼女は糸紡ぎの手法と恋に落ちてしまいました。彼女はベビーシッターをやって得たお金で買った糸紡ぎ機を持っていました。彼女は、薬瓶の中の綿から彼女の犬の毛まで様々な材料で糸を紡いでいました。彼女はすでに糸紡ぎのマイスターでした。しかし、フォックスもまた都市から遠く離れて生活し働くことを夢見ていました。彼女は7歳になるまで、 彼女の父の家族はカリフォルニア州ウッドサイドで自作農場を経営していましたので、その一画に住んでいました。”その土地は広大だった、”と言う、さらに”私たちがそこからメンローパークに移った時、私はそれ(糸紡ぎ)以外やったことがなかった。私はいつも田舎に住み、そして自活したいと思っていました。

サリーフォックスは、高等学校で昆虫学、昆虫の研究に新たな情熱を見つけました。ケニアから来ていた、昆虫学者・エリザベスワンガリ(Elizabeth Wangari)は昆虫学を授業で教え、そしてフォックスが、すべての昆虫を制御するために自然な方法を開発した、カール・ジェラッシ(Carl Djerassi)が設立した会社である Zoeconでのインターンシップを受ける手助けをしました。また、ワンガリはフォックスに大学に進むよう勧めた –  フォックスは手紡糸事業(hand-spinning)を開始したいと考えていました – そして大学で生物学と昆虫学を学びました。彼女は卒業後、平和部隊に参加し、西アフリカガンビア落花生の病気、害虫対策に従事しました。彼女は本当に、そこで学んだこと、それは、農薬の危険性であったいいます。欧州と米国はその当時すでに、DDTやその他の有機塩素化合物系の殺虫剤を禁止していましたが、主に西ヨーロッパのメーカーは、アフリカ諸国へ大量の廃棄農薬物を”供与”していました – ラベルの付いていない、55ガロンのドラム缶が野ざらしのまま放置され、それが起こるのを待っているのは環境災害でした。また、殺虫剤散布のために雇われた男達は、散布せずに殺虫剤入りの袋を市場で売っていました。そこでフォックスは、農薬の安全使用のための講習会を開きました。しかし、彼女自身が農薬にさらされ、健康被害を被ってしまいました。彼女の2年間の任期を終える前に”実際農薬を残したまま退去しなければならなかったことは恐ろしいことでした。”と言い、さらに”だから私は、農薬に対する狂信型精神病質者のようなものです。”と言っています。

フォックスは、1980年代初頭に米国で仕事を探し始めたとき、農業はそれが完全に回復することがない、長い経済不況に入っていました。フォックスは彼女の周囲で見つけることができる唯一の仕事は、綿栽培者のために害虫抵抗性植物を探す花粉媒介者(ポリネーター)のようなものでした。彼女は、綿の新しい株が、古いものよりも優れてるかどうかを確認することに1年を費やされる仕事に退屈していました。ある日彼女は、害虫抵抗性があるがしかし褐色の生産綿の種子(アップランド綿)一袋を発見しました。綿栽培者は色を取り除くことができるとは思わなかったので、これらの種に注目しませんでしたが、フォックスは、興味をそそられました。”そこで私は、その種子一つ一つを育て、手で紡ぎました。それが始まりだった。”といっています。

彼女は綿栽培者のための仕事を止めてから7年間、褐色綿植物を育てました。 それは今でも、彼女の家の裏口の鉢に育っています。毎年、綿のさやが開いたときに、彼女は慎重に最高の繊維と最高の色の植物から種を選択します。彼女はまた新たな繊維または綿糸を生産するため、褐色綿と白の綿をクロス交配しました。”私は、昆虫学者だった、そして褐色綿を長綿糸に改良できなかったと言うことは植物に関するすべての書籍を読んでいなかったからだ”と彼女は言います。最終的に彼女は、2色のコットンにたどり着き、それらは安定して育成され- 畑に植えたときそれらは変異しなかった – そして紡糸されました。彼女は植物特許と同等の植物新品種登録証明書を申請しライセンスを獲得しました。

1989年に彼女は日本の工場に、彼女の最初の綿収穫物、122ブッシェルを売却しました。アメリカの顧客は、その時はまだいなかった。その後、リーバイスは、ナチョラル・ジーンズと他の服を作り始め、L・L・ビーンランズエンド、及びEspirit AUSSIとも大きな取引が開始され、フォックスは千万ドルのビジネスに成長させました。

彼女は、Foxfibre綿で数十万ポンドを生産する綿花栽培のネットワークをつくりあげました。しかし、フォックスの自然綿革命はスムーズにはいきませんでした。カリフォルニア州の強力な綿花栽培業者は、彼女の色の品種が自分の作物を汚染することを恐れ、彼女の栽培方法に厳しいルールを課し、彼女が1993年にアリゾナ州に移動することを余儀なくされました。6年後、アリゾナ州の綿花生産者も同じことをしました、フォックスは、再び北カリフォルニアに移動します。彼女のビジネスのためにも悪いことが、紡績業界に変化が起き、1990年から1995年にかけて、日本とヨーロッパで紡績工場のほとんどが米国同様に閉鎖されました。”何かが起こっていた、それはグローバル化の始まりだった、すべてが東南アジアや南米に動いていた。”とフォックスは説明します。これらの工場では、彼女のネットワークの綿農家が生産した比較的少ない量でも、処理しなかったか出来なかった(従来から彼女のネットワークの綿農家はそれらの工場と係わっていなかった)、それにもかかわらず(グローバル化によって) 彼女は彼女の大きな取引先を失いました。

紡績業界が発展途上国に移転するまで、フォックスの綿は、従来の綿以上の経済的利点がありました。それはアメリカの従来の工場は綿染色工程からの有害廃棄物の処理に綿1ポンド当たり約2ドルの費用を要しました。しかし、新たに海外移転した工場の多くは、環境を保護する必要はなく、かつしませんでした​​。それは、フォックスが香港への旅行中の最近のことです、地元の新聞の”デニム工場から下流の農場で、すべての収穫物を失う。”という見出しに気づきました。染色工場で、ちょうど米の収穫が始まったときに、工場廃棄物が投棄され、約300エーカーの作物が被害を受けたのです。”もしも、工場がそのような行為で作物を枯らした場合、長期的な影響は何ですか?”と彼女は尋ねる。

フォックスは彼女の綿の浮き沈みにかかわらず、すべての時間を、新色の開発に注ぎ込んでいます。新色の開発は初期のクロス育ちの種子から、綿の可能性を探りなながら、世代から世代へと慎重に交配し、うまく扱って約10年かかります。”あなた(綿)は色を取得し、それ(綿)は素晴らしい植物ではありません、それ(綿)は偉大な繊維ではありませんが、それ(綿)は色です。”と彼女は言う。さらに”そして、あなた(綿)が、より良い工場と出会うために、あなた(綿)を育て続ける。毎年毎年、あなた(綿)のためだけの仕事です。”と。彼女は市場のために新しいレッドウッドの色をすでに準備しています。それは、白綿と組み合わせて、繊維はピンクの色合いになります。彼女はまた、深みのある”New Green”とチョコレート調の”Buffalo”をFoxfibre糸に追加する予定だそうです。

フォックスは、今では小さな工場や小さい顧客に集中し、彼女は彼女のビジネスとして生産者の彼女のネットワークを再構築に挑戦しています。Foxfibreのための一つの新しい顧客が彼女の希望の象徴です。それは、彼女の説明をきいたメキシコの二人の兄弟が彼らの家族の紡績工場を再建したいと思っていることです。彼らの祖父は紡績工場を建て、その後染色工場、織物工場、そして最終的に彼が製造した衣類販売の店を経営していました。、しかし、兄弟が20代だった頃には、それまでずっと村への供給水を染料によって汚染続けたため工場は閉鎖せざるを得ませんでした。フォックスの綿を使用することで、彼らが工場を再開しても、地域の環境を破壊することなく繊維を作ることは可能です、そのエリア内の他の工場のモデルとしたいと思っています。”彼らは私が販売を夢見ていた人々だ”とフォックスは述べています。さらに、”それ(フォックスの綿)は本当に力を発揮することができます。”と。]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*