10.種子

平成26年12月25日に農林水産省から「栽培用ワタ種子への遺伝子組換えワタ種子の混入について」として、下記の報道がなされました。
「商品名 – トールコットン、自然の繊維 コットン
今般、農林水産省が遺伝子組換えワタ種子の検査法の開発を進める中で、中国から輸入され販売されていた栽培用ワタ種子に、遺伝子組換えワタ種子が混入していることが判明しました。本種子は、我が国において、既に食品や飼料としての利用、輸入、運搬等については承認済みですが、カルタヘナ法に基づく栽培の申請がなされていないため、栽培は認められていません。現在流通段階にある本種子については、種苗会社に対し回収を指導しています。また、これまでに販売されたものについては、その商品名を公表しますので、該当する種子は栽培しないでください。なお、本種子は、仮に栽培されたとしても、我が国の生物多様性への影響が生ずるおそれはないと考えられます。」

これに関連して、「財団法人・日本綿業振興会」の「綿の種プレゼント計画」が現在は中断しているようです。また、「サカタのタネ」でも「観賞用わた種子回収に関するお詫びとお知らせ」として販売中止され、販売済み種子の自主回収が行われています。

日本での種子の確保はかなり困難のようで、ネット検索しても現在種子の販売している業者は「谷中滋養農園」くらいしか見当たりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*