ウッドキー(Wood Quay)

マーカーはカメラ位置です。

ウッドキー(Wood Quay)
[リフィー川南岸のウッドキー界隈は840年ころにバイキングダブリンで最初に交易のための港ディフリン(Dyflin)を築いたところ。土の堤防が防御柵として建てられ、1100年ころには石の壁が頑丈に築かれていた。現在シビックオフィス(Civic Offices)が建つ界隈は1970年代の発掘でコイン、骨、櫛、武器、陶器、革製品など大量の遺品が発掘され(国立博物館やダブリニアで展示されている)、ウッドキーにはロングシップの骨組みのオブジェや、おのなどの道具が描かれたパネルが道路に組み込まれている。  (「ダブリンの見どころ<南界隈・城壁で囲まれたエリア(1)>」より)]

Wood Quay – Google Map 画像リンク

カメラ位置はウッドキー(Wood Quay)で、カメラ南方向がダブリン市庁舎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*