オールドジェイムソン蒸留所

マーカーはオールドジェイムソン蒸留所です。

オールドジェイムソン蒸留所
[このジェイムソンウイスキー工場では1780年にジェイムソン家が蒸溜所を創業してから、コーク県のミドルトンに移転する1971年まで実際にウィスキーを製造していた。1997年にウイスキーセンターとしてオープン、ガイド付ツアーでは、実際に使われていた設備を見学しながら発酵や蒸溜などのウイスキーの製造過程が説明される。特にアイリッシュ・ウイスキースコッチ・ウイスキーの違いが強調され、アイリッシュウィスキーは麦芽と大麦を使い密閉炉で乾燥、そして3回蒸留する(スコッチウィスキーは大麦100%でピートで燻して乾燥、蒸留は2回)ためピュアでなめらかな味に仕上がる。ビデオではアイルランドのウィスキーの歴史やアイルランドを代表するウイスキーファミリーの紹介がある。ツアーの最後は各種ウィスキーが試飲できる。また4種類のアイリッシュウィスキーとスコッチとバーボン・ウイスキーの計6種類の『きき味』が行なわれ優良者には「テイスター免許状」が発行される。(「ダブリンの見どころ<北界隈・ダブリン歴史エリア(2)>」より]

オールド ジェイムソン蒸留所 – Google Map 画像リンク」「Skyview Tower – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がオールドジェイムソン蒸留所入口です。

オールドジェイムソン蒸留所中庭のカメラです。

オールドジェイムソン蒸留所ホールのストリートビューです。

Skyview Towe前のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*