グレシャム・ホテル

マーカーはグレシャム・ホテルです。

グレシャム・ホテル(Gresham Hotel)
[1817年にトーマス・グレシャムが開いたホテル。孤児だったグレシャムはパーネルスクエアの邸宅で執事として働いていたが、経営の才能を認められ、オコンネル通りのタウンハウスと賃貸契約を結び、グレシャムホテルを設立した。ダブリンで最も古く由緒あるホテルの一つ。1919年から1921年のアイルランド独立戦争の間、マイケル・コリンズ (政治家)はこのホテルでたびたび同士と密会した。その後結ばれたイギリス・アイルランド条約について条約容認派と、アルスター地方を含めて独立した共和国設立を唱える条約反対派に分かれ1922年に内戦に発展した際、カーサル・ブルーアとイーマン・ドゥ・バレラが率いる条約反対派はグレシャムホテルを総指令部とした。1週間の戦いでオコンネル通りは再び荒廃状態になり、ブルーアは同士に降伏することを命じたが、ブルーア自身はそれを拒否し、ホテルの外で致命傷を負い倒れた。(「ダブリンの見どころ<北界隈・オコンネル通りとその界隈(2)>」より)]

リウ プラザ ザ グレシャム ダブリン – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がグレシャム・ホテルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*