ダブリン城

マーカーはダブリン城です。

ダブリン城の詳細については、「ダブリンの見どころ<南界隈・城壁で囲まれたエリア(1)」が参考になります。

ダブリン城
[1204年、アングロノルマンジョン_(イングランド王)によってアイルランド支配の拠点としてダブリンに頑丈な石の壁で囲まれた町が作られた時、南東の端に、4隅に強固な陵堡(円形の砦)を持つダブリン城が建てられた。そこは9世紀にバイキングが砦を築いて町を作ったところで、ダブリンが見渡せる高台にあった。1922年にアイルランド自由国に公式に譲渡されるまで、700年以上にわたってアイルランドにおけるイギリスの支配の象徴的存在であり、何度も襲撃の対象となった。1534年、フィッツジェラルド(Silken Thomas Fitzgerald Henry VIII)の反乱で大砲を浴びて大破し、1560年にヘンリー・シドニー(Sir Henry Sydney)によって新しく総督の邸宅として再建された。1684年に再び火災にあい、建物のほとんどが失われたが、1688年にウイリアム・ロビンソンの設計で再建。さらに18世紀の中ごろには修復が行なわれた。このことにより、さまざまな年代の建物様式が組み合わさった城となり、現在、石造りの円塔であるレコードタワー(Record Tower)のみが建築当初のもので残っている。1801年の合邦法(アクトオブユニオン)以降、イギリス政府の統治本部となりダブリン市警察と総督の事務所兼居城として利用された。イギリス総督の住居であったステートアパートメントは1680年から1830年に建築、第一次世界大戦の間は一部は赤十字病院として利用され、現在は、大統領の就任式やEUの国際会議など国の重要な行事に使われている。  (「ダブリンの見どころ<南界隈・城壁で囲まれたエリア(1)>」より)]

[ダブリン城(Dublin Castle)は、アイルランドのダブリンにある城。旧市街中心部のデイム・ストリート(Dame Street)にある。城のある場所は、10世紀に砦があった場所である。1170年にノルマン人により征服され、1204年から1230年にかけて拡張された。1226年に建てられたレコード・タワーは、今日までその当時の姿をそのままに留めている。現在まで残っている建物は、ほとんどが18世紀から19世紀に建てられたものである。1922年までこの城には、イギリスの総督府が置かれていた。代表的な広間であるステート・アパートメントは、1680年から1830年にかけて作られたもので、今でも国の重要な式典の際に使用されている。たとえば、大統領就任式、欧州議会の会議などで、前回使用されたのは2004年である。かつての王の礼拝堂(チャペル・ロイヤル)は18世紀のもので、1943年に三位一体教会の名で、ローマカトリックの教会になった。今日では、文化センターのようなものとして使われている。
「ダブリン城、建築当初四つあった塔の内、現存する唯一の塔、レコード・タワー方向からの眺め」・wikipedia-photo、ダブリン城の王の間・wikipedia-photo  (wikipedia・ダブリン城より]

ダブリン城 – Google Map 画像リンク」「Chapel Royal, Dublin – Google Map 画像リンク」「Dubh Linn Tea Rooms – Google Map 画像リンク」「The Garda Museum – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がダブリン城です。

ダブリン城の内庭のストリートビューです。

カメラ初期設定方向がレコード・タワーで、タワー左がチャペル・ロイヤルです。

ダブリン城の王の間のカメラです。

ステート・アパートメントのカメラです。

セントパトリックホールのカメラです。

ラウンドルームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*