ジョンズ・レーン教会

マーカーはジョンズ・レーン教会です。

ジョンズ・レーン教会(John’s Lane Church)
[聖アウグスティヌスと聖ヨハネ教会は、一般的にジョンズ・レーン教会として知られ、アイルランドダブリンにあるトーマス・ストリート(Thomas Street)にある大きなローマカトリック教会です。1874年に中世の聖ヨハネ病院の敷地内に開かれました。 1180年。それはアウグスティヌスの作った会則に基づいて設立されました。
サイトの元の病院は、巡礼から聖地に戻った後、ダブリンに住んでいたノルマン人のアエルド・ザ・パーマー(Aelred the Palmer)によって建設されました。
彼はまた、近くの聖ヨハネ騎士団の聖ヨハネ病院に、聖アウグスティヌスの作った会則に基づいて設立された交差修道士(Crutched Friars)の修道院を設立しました。修道院は洗礼者聖ヨハネに捧げられ、城壁のすぐ外に立っていたため、ニューゲートのない聖ヨハネ教会として知られていました(Johannis Baptistae extra portem novem dublinensis)。
1316年、スコットランド王国エドワード・ブルースは兄スコットランド王ロバート1世(在位:1306年 – 1329年)の支援を受けてアイルランド上王に即位しようと、ダブリンを包囲するつもりで進行していました。ダブリン市民は、彼の接近による危険を防ぐため、共通の同意を得て、トーマス・ストリートに火をつけました。しかし、炎は聖ヨハネ教会まで及び、近くのすべての建物とともに教会は焼き尽くされてしまいました。
18世紀の初めに、アウグスティヌス修道院は、病院の残存断片である聖ヨハネの塔の西側を礼拝堂として使用するために借りました。1740年頃、病院の一部の敷地に、60フィート(18.3 m)x 24フィート(7.3 m)の小さな教会が建てられ、40年後に大幅に拡張されました。
1860年に、新しい教会を建設することが決定されました。建築家はエドワード・ウェルビー・プギン(Edward Welby Pugin)です。
中世の教会の遺跡は取り壊され、当時、現在、高祭壇が立ってる場所に古い教会の「マグダレン」塔の遺跡がありました。
現代の教会の建設は、マーティン・クレーン(Martin Crane)神父の指導の下、1862年のイースターに開始され、完成には33年かかりました。1つの問題は、職長と多くの労働者がフェニアン人(アイルランドの独立と共和国樹立に傾注した友愛団体)であり、1865年以降に当局とのトラブルに巻き込まれたことです。このため、教会は「フェニアン教会」と呼ばれました。
ウィリアム・ヘイグ(William Hague)が設計した尖塔と屋根は、教会が大衆のために開かれた1874年に完成しました。外装は1895年までに、内装は1911年までに完成しました。
彫刻家のパトリック・コートニー(Patrick Courtney)は、教会の祭壇と石造りの作品に取り組みました。彫刻家/石工の継承は、トーマス通り(Thomas Street)9番地にあるコートニーの代を経て、その後フランシス通り(Francis Street)8番地の息子と孫によって続けられました。
「ジョンズ・レーン教会外観」・wikipedia-photo、「ジョンズ・レーン教会塔」・wikipedia-photo、ファザード・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo]

John’s Lane Church – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がジョンズ・レーン教会です。

ジョンズ・レーン教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*