聖パトリック大聖堂

マーカーは聖パトリック大聖堂です。

聖パトリック大聖堂の詳細については、「ダブリンの見どころ<南界隈・ダブリン歴史エリア(1)>」が参考になります。

聖パトリック大聖堂_(ダブリン)
[聖パトリック大聖堂は「ガリヴァー旅行記」の作者ジョナサン・スウィフトが1713年から1745年まで大主教を勤めていた。教会そのものがまるで博物館のようにさまざまな記念品が納められている。ダブリンに来た時は必ず訪れたい場所のひとつ。この場所に最初に教会が建てられたのは450年ころ、聖パトリックキリスト教改宗する人々に洗礼を行なっていた泉の横に木造の礼拝堂があった。川に挟まれた場所にあり‘島の聖パトリック(St Patrick’s in Insula)’と呼ばれ、ケルト的なキリスト教の礼拝が行なわれていた。1172年のアングロノルマンアイルランドに進出によって、最初のアングロノルマン人の大司教となったジョン・カミン(John Cumin/Comyn)はクライストチャーチの建て替えの後、修道院の規範や英国の直接的な影響から離れ、自らの教会を設立するため、管轄外の地域にあった木造の聖パトリックの礼拝堂を引き継ぎ、1192年に石の教会に建て替えた。さらに1212年に後を継いだヘンリー・オブ・ロンドン大司教によって1225年ごろからおよそ30年かけてほぼ現在の形のゴシック建築の教会が完成した。教会である一方、アイルランドで最初の大学(1320ー1520)としても利用された。16世紀のヘンリー8世_(イングランド王)宗教改革で教会の財産は没収、聖書は英国国教会の祈祷書(Book of Common Player)に取って変わった。1544年に身廊の屋根が崩壊、建物は教会以外の目的にも使用され、およそ300年の間、ところどころを修復しながら状態の悪いまま放置された。やがて1864年に、ギネス家の一人ベンジャミン・ギネスが資金を提供し老朽化した大聖堂の大規模な修復が行われ、クライストチャーチの修復に先立って大聖堂は再建された。長さ91メートル、ミノットタワーは高さ43メートル、アイルランドで最も大きい教会。  (「ダブリンの見どころ<南界隈・ダブリン歴史エリア(1)>」より)]

[聖パトリックの国立大聖堂およびカレッジチャーチ・wikipedia-photo、より近づいた写真・wikipedia-photo、大聖堂の内観・wikipedia-photo、「大聖堂で1581年から1585年まで首席司祭を務めていたトマス・ジョーンズの記念物」・wikipedia-photo、「ジョナサン・スウィフトの胸像」・wikipedia-photo、大聖堂の近くで発見されたケルト十字・wikipedia-photo、「アイルランド大統領用の座席。正面にはいまだにイギリス規格の彫刻が残されている。」・wikipedia-photo、18世紀中ごろの室内計画・wikipedia-photo]

聖パトリック大聖堂 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が聖パトリック大聖堂です。

聖パトリック大聖堂拝廊のストリートビューです。

聖パトリック大聖堂クワイヤのストリートビューです。

聖パトリック大聖堂祭壇前のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*