聖オドゥエン教会

マーカーは聖オドゥエン教会です。

聖オドゥエン教会(St. Audoen’s Church)
[聖オードエン教会は、アイルランドダブリンにあるコーンマーケット(Cornmarket in Dublin)のリフィー川の南にあるアイルランド教会の聖オードアン教区の教会です。これは中世都市の中心に近かった。聖オドゥエン教会はダブリンで最も古い教区教会であり、現在でも使用されています。
教会の名前は、7世紀に住んでいたルーアンノルマンディー)の聖オウエン(またはオードエン・Audoin (bishop))にちなんで付けられました。彼は1172年以降ダブリンに到着しました。教会は1190年に、おそらく7世紀にさかのぼる聖コルンバ(St. Columcille)に捧げられた古い教会の跡地に建てられました。その後すぐに身廊が延長され(さらに狭くされた)、一世紀後に内陣が追加されました。
1430年、アイルランドのイングランド王ヘンリー6世(在位:1422年 – 1461年、1470年 – 1471年)は、聖アンに捧げるためのここでの礼拝堂の建設を承認しました。その創設者と後継者は、ギルドまたは聖アンの友愛と呼ばれ、通常は聖アンのギルド(Saint Anne’s Guild)と呼ばれていました。この礼拝堂には、6つの独立した祭壇が設置され、裕福な教区民の資金提供を受けて常時使用されていました。
16世紀の乱流(イングランドの宗教改革)は教会の維持に影響を与え、1630年に教会は老朽化した状態にあると宣言されました。
建物の屋根、尖塔、柱を修復するために、今後数年間にわたって激しい努力が払われ、ギルドはその分担金を寄付するよう命じられました。基金は底をついていた-教区にはプロテスタントの家は16しかなかった。1671年、ダブリン大司教マイケル・ボイル(Michael Boyle)は、聖オドゥエン教会の下の「バターミルク市場の迷惑行為」の閉鎖を命じました。1673年、教会から墓と墓石を取り除く命令が下されました。「生者が死者によって負傷するのを防ぐため」です。宗教改革後も広大な財産を隠し、ローマカトリックの支配下にあった聖アンのギルドは、1702年まで続いたいくつかの調査と裁判所命令にもかかわらず、その所有権を決して放棄しませんでした。
何世紀にもわたって教会と塔の多くの修理が行われましたが、特に18世紀と19世紀には、構造物の維持のための資金が常に問題でした。1825年までに、教会の建物自体は破滅的な状態になり(G. N.ライト(G. N. Wright)による報告)、「非常に少数のプロテスタント」が教区に残った。大幅な修理を行うための資金が利用できなかったため、教会の一部は閉鎖されているか、屋根がありませんでした。その結果、多くの古代の墓が徐々に崩れ、記念碑は天候にさらされることで取り除かれたり、判読できなくなったりしました。
建築家トーマス・ドリュー(Thomas Drew)は、1866年に建築上および歴史上、教会の重要性に真剣に注目した最初の人物です。彼は教会の詳細な計画を作成し、アイルランド王立建築家協会から賞を受賞し、発掘調査を実施し、教会とその歴史に関する論文を作成しました。1873年に出版された小冊子で、学長のアレクサンダー・リーパー(Alexander Leeper)は教会の改修と修復を促した。
1980年代には、塔と鐘の大規模な修復が行われました。数年後、屋根と多くのモニュメントを失った聖アン教会に再び屋根を付けられ、教会の歴史に関する展示を含む訪問者受付センターに改修されました。
1996年に始まった保護活動の間に、教会の小さな部分の大規模な発掘が行われ、教会の初期の時代に新しい光を投げかけました。これは教会の建築史の理解に大いに貢献しました。 この研究の詳細な結果は2006年に本の形で出版されました。

1990年代の建築研究に続く聖オードエン教会の改訂計画

聖オドゥエン教会の塔・wikipedia-photo、聖オドゥエン教会の平面図(1866年)・wikipedia-photo、「その数年前に屋根を失った、1829年のPortlester礼拝堂(ジョージペトリーによる描画)」・wikipedia-photo]

St. Audoen’s Church – Google Map 画像リンク」「St. Audoen’s Church, Dublin – Google Map 画像リンク」「セント・オードエンズ・パーク – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が聖オドゥエン教会です。

聖オドゥエン教会南ファザード前のストリートビューです。

聖オドゥエン教会のストリートビューです。

カメラ北北東方向が現在の聖オドゥエン教会(聖アン教会)入口です。

カメラ位置はセント・オードエンズ・パーク西端、アーチ内のカメラです。

カメラ位置はクック・ストリート(Cook St)のダブリンの城壁からの入り口です。

ダブリンの城壁内のカメラでカメラ南西方向が改訂計画図Nave C 1275 の聖アン教会身廊の北面になります。

聖オードエン教会の改訂計画左側部分Portlesterチャペルのカメラで、カメラ南東方向が改訂計画図Nave C 1275 の聖アン教会祭壇裏(内陣)になります。

聖オードエン教会の改訂計画図Nave C 1275 の聖アン教会身廊のカメラで、カメラ西北西方向が塔側になります。

聖オードエン教会の改訂計画図Nave C 1275 の聖アン教会身廊のカメラで、カメラ東南東方向が祭壇で、Chancel c 1330 (内陣)側になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*