アストン・ホール

マーカーはアストン・ホールです。

アストン・ホール(Aston Hall)
[アストン ホールを訪れ、その敷地や邸宅を見学すれば、17 ~ 19 世紀の室内装飾品やジャコビアン様式の建築、この地域の歴史を物語る資料を目にすることができます。アストン ホールは、1618 ~ 1635 年の間に裕福な地主、トーマス・ホルテ卿とその家族の住居として建設されました。ホルテ卿は 1817 年までこの家に暮らし、蒸気機関の発明家、ジェームズ・ワットの息子が暮らしていた時期もあります。
アストン ホールは、バーミンガムの中心地から車で 10 分の場所に位置し、敷地内には無料の駐車場が完備されています。最寄りの駅は、アストン駅とウィットン駅 (ウェスト ミッドランズ) で、どちらからも歩いて 15 分です。アストン ホールの入口の近くにも公共のバスが止まります。
夏の間、邸宅と庭園は火曜日~日曜日まで開いています。邸宅内に入るのは有料ですが、敷地内を散策するだけなら無料です。毎月第一日曜日は邸宅も無料開放されます。  (「アストン ホール / バーミンガム旅行|エクスペディア」より)]

[アストン・ホールは、1618年からその制作を開始され、17年もの年月をかけて完成された、見事なジェームズ1世_(イングランド王)時代の大邸宅です。赤レンガ造りの大邸宅は隅々まで豊かな装飾を施され、バーミンガム美術館から譲られたロムニーゲインズボロなどの壮大な絵画、それに年代物の家具を特徴としています。130フィートの長さを持つパネル・ギャラリーがこちらのハイライトとなっており、外部には美しく調えられた敷地があります。  (「バーミンガム旅行ガイド」より)]

アストン・ホール – Google Map 画像リンク」「アストン・ホール – Google Map 画像リンク」「Aston Park Play Centre – Google Map 画像リンク

カメラ西方向がアストン・ホールです。

アストン・ホール裏・庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*