セント・マーティン教会

マーカーはセント・マーティン教会です。

セント・マーティン教会(St Martin in the Bull Ring)
[現在のヴィクトリア朝の教会は、1263年に記載された13世紀の教会のサイト上に構築された。1873年に建築家 JAチャットウィン(JA Chatwin)により、既存の塔や尖塔を残して解体し再構築された。南翼廊には1875年にウィリアム・モリスエドワード・バーン=ジョーンズの競作によるステンドグラスがある。
このウィンドウは、1941年4月10 日に第二次世界大戦の爆弾が教会のそばに投下される前の日を安全に保つために取り外され、残りのすべてのウィンドウが破壊されました。西の窓は、バーミンガムブリッツ(Birmingham Blitz)で破壊された1875年制作のヘンリー・ハードマン(Hardman & Co.)の窓の1954年制作コピーです。
2003年のブルリング開発の一環として、教会は清掃され、修復されました。
セント・マーティン教会は、月曜日から土曜日の10:00から16:30まで、日曜日の09:00から19:00まで、訪問者に開放されています。
「セント・マーティン教会」・wikipedia-photo、現代のブルリングのセルフリッジ店の隣にあるセントマーティン教会・wikipedia-photo、外部説教壇・wikipedia-photo、ブルリングショッピングセンター方向への教会の眺め・wikipedia-photo、ブルリングショッピングセンターからの教会の眺め・wikipedia-photo、「エドワード・バーン=ジョーンズが設計した南翼廊ウィンドウ、Morris&Co.製」・wikipedia-photo、ハードマンによる西の窓 1954・wikipedia-photo、ハードマンによる東の窓 1954・wikipedia-photo]

ブルリングの聖マーチン教会 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がセント・マーティン教会です。

カメラ東方向がセント・マーティン教会です。

セント・マーティン教会拝廊のストリートビューで、カメラ西方向にハードマンによる西の窓 1954年制作のステンドガラスがあります。

セント・マーティン教会翼廊(クロッシング)のストリートビューで、カメラ南方向にエドワード・バーン=ジョーンズが設計したステンドガラスがあります。

カメラ位置は南翼廊・エドワード・バーン=ジョーンズが設計したステンドガラス前のカメラです。

セント・マーティン教会祭壇前のカメラで、ハードマンによる東の窓 1954年制作のステンドガラスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*