バーミンガム・ニューストリート駅

マーカーはバーミンガム・ニューストリート駅です。

バーミンガム・ニューストリート駅
[ニュー・ストリート駅はバーミンガムの主な鉄道駅であり、イギリスの鉄道システムの主要なハブでもある。バーミンガムはムーア・ストリート駅バームンガム・スノーヒル駅もサービスしている。また、ソリハルより近郊にあるバーミンガム国際空港NECにサービスを提供しているバーミンガム国際駅がある。現在は、ナショナル・レールのうちクロスカントリー、ロンドン・ミッドランド、ヴァージン・トレインズアリーヴァ・トレインズ・ウェールズの運行する列車が発着し、ロンドンリバプールマンチェスターグラスゴーブリストルカーディフなど、グレートブリテン島の主要各都市へ列車が多く運行されている。管理・運営は、ネットワーク・レールが行っている。
「バーミンガム・ニューストリート駅」・wikipedia-photo、駅の最西端・wikipedia-photo  (wikipedia・バーミンガム・ニューストリート駅より)]

[ロンドンからバーミンガムまで行く場合について説明する。
鉄道のばあい、 ユーストン (Euston) 駅からのヴァージン・トレインズ (Virgin Trains) がふつう第一選択である。ただし、土曜日・日曜日はよく迂回運転などしているので注意が必要。ヴァージンの切符は事前購入が非常に安く、最低でも乗車の3日前の購入がお勧めである。
トラブルを避けたい場合、メリルボーン駅からのチルターン鉄道 (Chiltern Railways) をお勧めする。切符は事前購入の場合のヴァージンより少し高くなるが(ピーク時運賃に比べれば安い)、クラブマン (Clubman) と愛称される車両は特に快適。クラブマンにあたるかどうかは、同社ウェブサイトからダウンロード可能な時刻表に書いてある(運用変更で違う車両にあたることももちろんあるが)。
鉄道の所要時間は、どの鉄道についても2時間前後。  (「バーミンガムとその周辺の観光案内 – RTざんまい」より)]

バーミンガムの鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】

Birmingham New Street – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がバーミンガム・ニューストリート駅です。

バーミンガム・ニューストリート駅口のストリートビューです。

バーミンガム・ニューストリート駅コンコースのストリートビューです。

バーミンガム・ニューストリート駅二階ショッピング街テラスからのコンコースです。

バーミンガム・ニューストリート駅出発ゲート前のカメラです。

プラットホームエスカレーター上の連絡通路のカメラです。

プラットホームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*