バーミンガム美術館

マーカーはバーミンガム美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「バーミンガム美術館

バーミンガム美術館
[バーミンガム美術館(Birmingham Museum & Art Gallery,通称BM&AG)はイングランドの都市バーミンガムにある美術館。絵画だけでなく陶磁器、宝石、考古学や民族学上の重要な品物も所蔵している。また、ラファエル前派のコレクションが充実しており、特にエドワード・バーン=ジョーンズのコレクションはどの美術館よりも充実している。その中には、1897年に美術館の委託で描かれた、巨大な水彩画『ベツレヘムの星Star of Bethlehem 』も含まれている。
バーミンガム美術館・wikipedia-photo
コレクション
フォード・マドックス・ブラウン『可愛い羊たち』(1851/1859年)」・wikipedia-photo、「ウィリアム・ホルマン・ハント『神殿での救世主の発見』(1854/1855年)」・wikipedia-photo
ジョン・エヴァレット・ミレー『盲目の少女』(1856年)」・wikipedia-photo、「オーガスタス・エッグ(Augustus Egg)『旅の道連れ(The Travelling Companions)』(1862年)」・wikipedia-photo、エドワード・バーン=ジョーンズ『ベツレヘムの星(Star of Bethlehem)』(1885-1890年)・wikipedia-photo、エドワード・バーン=ジョーンズ『コフェチュア王と乞食娘(King Cophetua and the Beggar Maid )』(1884年)・wikipedia-photo  (wikipedia・バーミンガム美術館より)]

[当初の美術館と、1911年~1919年の拡張美術館との間の連接ブリッジ。」・wikipedia-photo]

バーミンガム美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がバーミンガム美術館です。

バーミンガム美術館正面玄関前のストリートビューです。

バーミンガム美術館正面玄関ホールのストリートビューです。

カメラ初期設定方向右下、オーガスタス・エッグ(Augustus Egg)『旅の道連れ(The Travelling Companions)』(1862年)、中央、エドワード・R・テイラー(Edward R. Taylor)『Twas a Famous Victory』(1883年)、中央下、ウィリアム・ジェームズ・ミュラー(William James Müller)『Prayers in the Desert』(1840-1849年)、左下チャールズ・ロシター(harles Rossiter)『To Brighton and Back for 3S』(1859年)、その上アルバート・シュヴァリエ・タイラー(Albert Chevallier Tayler)『The Departure of the Fishing Fleet, Boulogne』(1891年)。

カメラ初期設定方向左上ウィリアム・エッティ作『Pandora Crowned by the Seasons』(1823-1824年)、左下デヴィッド・ロバーツ作『Departure of the Israelites』(1829年)、中央下ウィリアム・ブレイク・リッチモンド(William Blake Richmond)作『An Audience in Athens during the Representation of Agamemnon by Aeschylus』(1884年)、そこの右フレデリック・レイトン作『A Condottiere』、その右チャールズ・ロック・イーストレイク作『The Champion』(1824年)。

17室 – エドワード・バーン=ジョーンズの作品、カメラ初期設定方向左端が、『コフェチュア王と乞食娘(King Cophetua and the Beggar Maid )』(1884年)、その左出入口左に『ベツレヘムの星(Star of Bethlehem)』(1885-1890年)、反転壁左端に『レディ・ウインザー(Lady Windsor)』(1893-1895年)があります。   

カメラ初期設定方向中央ヘンリー・ステイシー・マークス(Henry Stacy Marks)作『Dominicans in Feathers』(1880-1887年)

Modern British Art

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*