バーミンガム運河-1、オールド・ターン・ジャンクション

マーカーはオールド・ターン・ジャンクションです。

バーミンガム運河-1(バーミンガム運河の運行)
[バーミンガムは、18世紀の産業革命の中心地で、ジェームズ・ワットなどによる蒸気機関の開発で「世界の工場」という歴史に残る世界都市であった。また、世界最初の蒸気機関車が動き出した都市であり、イングランドで鉄道ネットワークの中心になったとともに、運河においてもバーミンガムがイングランドの中心となった。バーミンガムの心臓部を巡る広大な運河網は、重工業時代、都市を発展させるのに役立っていた。運河周辺では、素敵なカクテルや食事を楽しんだり、ボートに乗ってガス・ストリートを回ったりして楽しむことができる。また、ガス・ストリート・ベイスン(ウースター運河とバーミンガム運河が、バーミンガム都心のBCN本線上で合流する場所)は、ぶらぶら歩き回るのに興味深いエリアだ。何マイルも続く運河網は、ベニスを思い起こさせる。今日では、流行最先端のバー、カフェ、レストランで満ち溢れている。  (「バーミンガム旅行|ena(イーナ)の海外旅行ガイド」より)]

カメラ北方向・バーミンガム運河にオールド・ターン・ジャンクションがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*