聖チャド大聖堂

マーカーは聖チャド大聖堂です。

聖チャド大聖堂(St Chad’s Cathedral, Birmingham)
[メトロポリタン大聖堂教会と聖チャド大聖堂は、バーミンガム大司教区(Roman Catholic Archdiocese of Birmingham)と英国のカトリック教会の州の母教会であり、メルシアのチャドに捧げられています。アウグストゥス・ウェルビー・プギン(Augustus Welby Pugin)によって設計され、1841年までにほぼ完成したセントチャド教会は、イギリス宗教改革(English Reformation)の後、1852年に大聖堂の地位に引き上げられた最初の4つのカトリック教会の1つです。イングランドにあるわずか4つの大聖堂のうちの1つです(その他はダウンサイド修道院(Downside Abbey)、ウォルシンガムの聖母聖堂(Basilica of Our Lady of Walsingham)、コーパスクリスティ修道院(Corpus Christi Priory)、コーパスクリスティ修道院は2004年にPremonstratensian秩序の独立した規範になりました。)。セントチャドはグレードII *(Listed building)に 指定されている建物です。大聖堂は、バーミンガム中心部のセント・チャド・クイーンズウェイ(St Chad’s Queensway)近くの公共の緑地にあります。
聖チャド大聖堂は、1534年にイングランド王ヘンリー8世(在位:1509年 – 1547年)よってに開始されたイギリス宗教改革後に建てられた。イギリス最初のカトリックの大聖堂です。
聖チャド大聖堂は、地元の使徒教区牧師(Apostolic vicariate)であるトーマス・ウォルシュ(Thomas Walsh・ミッドランド地区の教区牧師教区)司教の命により建てられました。大聖堂は、オーガスタス・ウェルビー・ノースモア・ピュージンによって設計され、基礎石は1839年10月に設置、1841年6月21日に完成し教会として献堂されました。このプロジェクトは、シュルーズベリー(Shrewsbury)最後のカトリック伯爵であった16世シュルーズベリー伯ジョン・タルボット(John Talbot)からの寛大な寄付を受けました。教会は、1850年にピウス9世_(ローマ教皇)(在位:1846年 – 1878年)によってイギリスのカトリック階層が修復された後、1852年に大聖堂の地位に引き上げら、バーミンガムの最初の司教はウィリアム・バーナード・アラソーンでした。1911年に教区は大司教区に昇格しました。
聖チャド大聖堂・wikipedia-photo、西前・wikipedia-photo、身廊・wikipedia-photo、後陣・wikipedia-photo、高祭壇・wikipedia-photo、オルガン・wikipedia-photo]

St Chad’s Cathedral (Roman Catholic) – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が聖チャド大聖堂です。

聖チャド大聖堂身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*