アルバート広場

マーカーはマンチェスター・タウンホールです。

アルバート広場
[壮大なマンチェスター市庁舎など、遺産登録された特徴ある建物に 3 方向を囲まれたアルバート広場は、1863 年にビクトリア女王の夫、アルバート公を記念する目的で敷設されたこともあって、広場最大の記念碑として、寺院の尖塔 (せんとう) のような屋根の下にアルバート公の彫像が高々と掲げられています。石畳の先に少し離れて並ぶやや小ぶりの彫像は、歴代の総理大臣や主教たちです。
広場を縁どるようにしていくつも据え付けられたベンチや噴水の石段は、買い物や観光の合間に一息つける格好の休憩スポットです。まず絶対に外せないのが、19 世紀後半に建てられたビクトリア朝の影響色濃いネオゴシック様式の市庁舎、広場をはさんで向かい側には、1980 年代のオフィス街があり、カフェやレストランが入っています。右側には、角にメモリアル ホールとアルバート チェンバーズなど、ここにもまた有名な建物が見られます。
特別な催し物がある時、広場の混雑は最高潮に達します。プレミア リーグに属するマンチェスターの 2 つのサッカー チームが勝ったときは、ファンが何千人もアルバート広場に集まり、凱旋 (がいせん) パレードに向かって誇らしげに歓呼の声を上げます。加えて、アート フェスティバルや音楽祭が盛大に繰り広げられる場でもありますが、
何と言っても圧倒的人気を誇るのは、マンチェスター クリスマス マーケットです。12 月後半に訪れると、贈り物や記念品にふさわしい手作りの品々を売る露店が何百と軒を連ね、湯気とハーブの香りを漂わせるワインやソーセージを味見して回れます。小規模な野外マーケットは 1 年を通じて開催されるため、カウンシルの公式サイトでイベント スケジュールをご確認ください。  (「アルバート広場 / マンチェスター旅行|エクスペディア」より)]

Manchester Christmas Marketsウエブサイト

パリを向いて歩こう マンチェスターのクリスマスマーケット

Albert Memorial – Google Map 画像リンク」「John Bright Statue – Google Map 画像リンク」「Oliver Heywood Statue – Google Map 画像リンク」「William Gladstone Statue – Google Map 画像リンク」「Manchester Christmas Market – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がアルバート公記念碑です。

クリスマス マーケット開催中のストリートビューです。

イベント開催中の360citiesです。

Grillstock Manchester