マンチェスター市立美術館

マーカーはマンチェスター市立美術館です。

マンチェスター市立美術館(英語:Manchester Art Gallery)
[マンチェスター市立美術館は、イングランド北西部の都市マンチェスターにある美術館である。ラファエル前派のコレクションで知られる。所蔵作品には、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティアスタルテ・シリアーカ』、ローレンス・アルマ・タデマ銀色のお気に入り』、ベン・ニコルソン “Au Chat Botte”、クロード・ロラン 『金の子牛崇拝』がある。
マンチェスター市立美術館・wikipdia-photo、「ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作『ヒュラスとニンフたち』(1896年)」・wikipedia-photo  (wikipedia・マンチェスター市立美術館より)]

マンチェスター市立美術館ホームページ

マンチェスター市立美術館平面図

マンチェスター市立美術館がウォーターハウスの《ヒュラスとニンフたち》を撤去。非難が殺到

マンチェスター市立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向角がマンチェスター市立美術館です。

マンチェスター市立美術館エントランスホールのストリートビューです。

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作『ヒュラスとニンフたち』(1896年)

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー作『Thomson’s Aeolian Harp』(1809年)

フォード・マドックス・ブラウン作『労働』(1865年)
[ブラウンの最も重要な作品は、特別展示用に描かれた『労働』(1852-1865)である。一つの絵の中に、ヴィクトリア朝期半ばの全ての階級が描かれた。舞台となったのはロンドンのハムステッド、ヒース・ストリートである。躍動的な中心では労働者たちが道路に穴を掘っている。そこから細部が拡散され、イメージが噴出する。どの人物もどの社会的階級に属するか表され、都市での役割を担っている。]

カミーユ・ピサロ作『La Rue de Voisins』(1871年)

ヘンリー・ルジューン(Henry Lejeune)作『臆病な入浴者』(1872年)

ジェームズ・クラーク・フック(James Clarke Hook)作『Crabbers』(1876年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*