レゴランド・ディスカバリー・センター

マーカーはレゴランド・ディスカバリー・センターです。

レゴランド・ディスカバリー・センター
[レゴランド・ディスカバリー・センター(LDC)は、世界23カ国で104のアトラクション施設を運営するエンターテインメント企業「マーリン・エンターテイメンツ」(イギリス)による「レゴブロック」をテーマにした屋内型アトラクション施設で、規模が3千平方メートル前後と、より小規模な屋内型のレゴランドである。
2007年にドイツベルリンソニーセンターに設けられたのが最初である。
続いて2008年に同じくドイツのデュースブルクに設置されたが、2013年に隣接するオーバーハウゼンのツェントロそばに移された。
その後、シカゴ郊外のシャンバーグアトランタダラス郊外のグレープヴァイン、カンザスシティーニューヨーク郊外のヨンカーズボストン(2014年5月開館)などアメリカの9都市、イギリスのマンチェスター、カナダトロント郊外のヴォーン、そして日本の東京・台場に設置され、2015年の春には、大阪に国内2ヵ所目となるLDC大阪が設置された。同年トルコイスタンブール、2016年に中国上海に設置され、2016年9月現在、世界7カ国に17のLDCがある。
2歳以下は無料、3歳以上は有料で子供料金の設定は無い。発行施設のみ有効の年間パスポート、4名以上のファミリー年間パスポートがある。子供のみでの入場不可、「大人のレゴナイト」など特別な場合を除いて、大人(18歳以上)のみでの入場も不可となっている。  (wikipedia・レゴランド・ディスカバリー・センターより)]

カメラ北北東方向建物内にレゴランド・ディスカバリー・センターがあります。