ロッチデール運河-1

マーカーはロッチデール運河の閘門です。

ロッチデール運河-1
[ロッチデール運河は、150年以上利用されましたが、第二次世界大戦後の運河輸送の決定的な衰退の中で、1952年にほとんどの区間で閉鎖されてしまい、1960年代のモーターウェイ62号線の建設の際には、ロッチデールの南で運河が分断されてしまいました。ところが、その後「レジャーボート」の利用が盛んになるとロッチデール運河の再会を望む声が強まり、まず、マンチェスター市内のアシュトン運河までの連絡部分が整備再開され、さらにそれ以後逐次再会の努力がなされた結果、2002年の7月には全路線の復活がなされました。今では、ペニン山脈を東西に横切る3つの運河のうちの一つとして、重要な路線となっています。
閘門は、水位の高い方から低い方へ向かって番号が付けられています。マンチェスター市内は、東から西へ向けてなだらかな坂となっており、閘門がいくつもあります。 ゲートの開閉は、誰が行うのかといえば、ボートを動かしている人間、本人です。開閉担当の「門番」がいるわけではありません。  (「マンチェスター・ロンドン研修記2010年 6」より)]

Merchant’s Bridge – Google Map 画像リンク

カメラ位置はキャッスル・フィールドから分岐のロッチデール運河に架かる橋で、カメラ東方向橋のたもとにロッチデール運河の閘門があります。

ロッチデール運河の閘門南側のカメラです。