自由貿易ホール

マーカーは自由貿易ホールです。

自由貿易ホール(Free Trade Hall)
[自由貿易ホールは、公開討論、市内の文化活動のためのホールであった。ピーターストリート(以前はサンピエトロのフィールド)と言う場所(1819年8月、セント・ピーター広場で穀物法の撤廃と議会改革をもとめる人々が市当局に殺害された「ピータールーの虐殺」の舞台となった。)は歴史的に自由貿易のシンボルである見られていたので、ピータールーの虐殺の現場近くに、 Edward Waltersの設計により、1853~1856年に建てられた、自由貿易ホールは産業革命時にマンチェスターの発展に貢献した場所である。自由貿易ホールは、コンサートホールとしても使用され、ハレ管弦楽団は、まず1858年から1996年まで演奏活動を続けた。建物は第二次世界大戦の爆撃により破壊され、1951年にコンサートホールとして再建された。さらに、1997年建物は売却され 、再建された建物は元の正面を保つが、Radisson Edwardianのホテルとして別の方法で完全に再建された。
「2005年7月の自由貿易ホールのファサード。建物の後部は(それ自体が戦後の復興) -取り壊され、ホテルに改修された。」・wikipedia-photo]

[ハレ管弦楽団およびBBCフィルハーモニックが本拠をマンチェスターに置き、1996年以降は音楽ホールとして新たに建設されたブリッジウォーターホール(Bridgewater Hall)を中心に活動している。それ以前は19世紀の産業革命絶頂期に建てられたフリー・トレード・ホール(Free Trade Hall)がマンチェスターの主要なコンサート会場であった。フリー・トレード・ホールはクラシック以外にもロックなどのコンサートの舞台となってきた。  (wikipedia・マンチェスターより)]

フリー・トレード・ホール – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が自由貿易ホールです。

自由貿易ホールのエントランスのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*