オックスフォード大学自然史博物館

マーカーはオックスフォード大学自然史博物館です。

オックスフォード大学自然史博物館(Oxford University Museum of Natural History)
[オックスフォード大学付属の自然史博物館である。この3世紀の間に数多くの研究者により収集された動物、古生物、鉱物など約400万点にも及ぶ数多くの標本が収蔵されている。ビクトリア・ネオゴシック建築様式の現在の建物は1860年代に建てられた。ガラス張りの天井に飾られた中央のホールと、その周囲を取り囲む4つの上下のアーケードに脊椎動物の起源と進化、多様性、地球の歴史、岩石鉱物などの展示が展開されている。ホールの周りには植物や動物の装飾のほか、著名な科学者たちの彫像が飾られている。  (「オックスフォード大学自然史博物館の紹介」より)]

[オックスフォード大学博物館の正面・wikipedia-photo、博物館の内部 – 哺乳類ギャラリー・wikipedia-photo、博物館の恐竜ギャラリー・wikipedia-photo、「製作中のジェームズ・オシェイ、動物や植物の彫刻です。」・wikipedia-photo、「バニティーフェアの雑誌からトマス・ヘンリー・ハクスリーの似顔絵」・wikipedia-photo]

オックスフォード大学自然史博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がオックスフォード大学自然史博物館です。

オックスフォード大学自然史博物館のストリートビューです。

オックスフォード大学自然史博物館展示ホールのカメラです。

ホール天井をさせる柱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*