イギリス国立鉄道博物館

マーカーはイギリス国立鉄道博物館です。

イギリス国立鉄道博物館
[国立鉄道博物館(NRM, National Railway Museum)は、イギリスヨークにある鉄道博物館である。鉄道車両や鉄道関連資料などが収集されており、同種の博物館としては世界最大規模のものである。現在の国立鉄道博物館は、クラハムにあったイギリス鉄道博物館と、現在の場所とは別の場所にあったヨーク鉄道美術館の収蔵品を引き継ぎ、1975年に現在の場所に開業した。ヨーク鉄道駅に隣接する3つの車両庫を展示ホールとして活用し、100両を超える機関車と、約200両の客車・貨車などの他に数十万もの鉄道関連アイテムが収蔵されている。
鉄道博物館の規模としては世界最大級で、常設展示には王室専用客車(ロイヤル・トレイン)などがあり、毎年75万人もの来場者がある。展示されている車両はほとんどがかつてイギリスの鉄道で使用されていたものであるが、例外としてイギリスで製造され中華民国に輸出された蒸気機関車で、1981年に中華人民共和国政府から寄贈されたKF7形と、日本の西日本旅客鉄道から2001年に寄贈された新幹線0系電車が展示されている。アトラクションとしては、「roadtrain」というヨーク大聖堂から美術館までの徒歩20分の距離を走るミニチュアトレインがある。また、2006年には、「ヨークシャーホイール」と称する観覧車が開業したが、2008年に営業を終了した。博物館への入場は無料であるが、有料パンフレットも発売している。
大ホールにあるターンテーブルの周囲を取り囲む機関車たち・wikipedia-photo  (wikipedia・イギリス国立鉄道博物館より)]

[鉄道博物館のカフェでも食事が楽しめます。お召し列車が置かれたプラットホーム上に、大きなカフェとレストランがあります。博物館を出る前に早めの夕食を取って列車に乗る、というアイデアもありますね。  (「歴史の街・ヨークに日帰りで行ってきました!」より)]

イギリス国立鉄道博物館 – Google Map 画像リンク」「York Road Train – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がイギリス国立鉄道博物館入口です。

イギリス国立鉄道博物館エントランス前のカメラです。

ギリス国立鉄道博物館展示スペースのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*