セント・ヘレン広場、セント・ヘレン教会、マンションハウス(旧市長公舎)

マーカーはカメラ位置です。

セント・ヘレン広場(St Helen’s Square)

マンションハウス(旧市長公舎)(Mansion House, York)
[イギリスヨークにあるマンションハウスは、任期中のヨーク市長の本拠地です。ヨークのコニー・ストリート(Coney Street)とレンダール(Lendal)が市内中心部で交差するセント・ヘレン広場に位置しています。初期のジョージ王朝様式で建てられています。大邸宅は、現存する市長のために最も早く建てられた家であり、ロンドンのマンションハウスより少なくとも20年前に建てられました。マンションハウスの基礎石は1725年に敷設され、その建物は7年後に1732年に完成しました。ファサードはウィリアム・エティ(William Etty)によるものかもしれませんが、邸宅を設計した建築家は不明です。
1998年に、ヨーク・シビック・トラスト(York Civic Trust)によって家が復元されました。2015年10月、マンションハウスは「Opening Doors」ヘリテージロッタリー基金(National Lottery Heritage Fund)の改修の一環として改修のため閉鎖され、2017年に再開されました。「Opening Doors」プロジェクトの4つの主要な領域には、元のキッチンの復元が含まれます。 ディスプレイの改善。 金と銀製品の市民コレクションへの保存とアクセス。 構造物のための統合された環境と保全の計画を開発しました。
現在は銀、アンティーク家具や絵画の幅広いコレクションを展示しています。
マンションハウス(旧市長公舎)・wikipedia-photo]

セント・ヘレン教会(St Helen’s Church, Stonegate, York)
[ヨークのストーンゲート(Stonegate)にあるセント・ヘレン教会は、ヨークにあるグレードⅡ *(Categories of listed building)にリストされているイングランド国教会の教区教会です。
教会は14世紀のものです。 1551年に冗長であると宣言され、部分的に破壊されましたが、生き残り、後に使用に戻されました。
1857年から1858年の間にW H.ダイクス(W H Dykes)によって北、南、東の壁が取り壊され、再建され、1858年9月16日に再開されました。教会の屋根は取り替えられました。席はオープン席に置き換えられました。内陣は再建され、10フィート(3.0 m)延長されました。ガス照明は、磨かれた真鍮と鉄の標準的なガス化装置とともに設置されました。内陣には、24個の照明を備えたガス灯が取り付けられていました。
塔は、1875年から1876年の間に、ヨークのW.アトキンソン(W Atkinson)によって再建されました。
セントヘレン教会・wikipedia-photo]

St Helen’s Church, Stonegate – Google Map 画像リンク」「St. Helen’s Square – Google Map 画像リンク」「York Mansion House – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がマンションハウス(旧市長公舎)です。

カメラ東方向がセント・ヘレン教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*