クリフォードの塔

マーカーはクリフォードの塔です。

クリフォードの塔(York Castle)
[クリフォードタワーは11世紀に征服王ウィリアム1世(イングランド王・在位: 1066年 – 1087年)が人工的に小山を作りそこに木造の塔を作ったのが始まりで、12世紀の反ユダヤ騒動で150人のユダヤ人が自決し焼け落ちた事件で有名です。その後四葉クローバー形の塔がヨーク城の本丸として再建されましたがこの塔以外は消滅してしまいました。  (「2010年イングランドの旅(15)北イングランドの古都ヨーク」より)]

[1190年、ヨークは悪名高いユダヤ人居住地ポグロムのある地だった。ユダヤ人らは、市の防御施設の一つヨーク城のクリフォーズ・タワー内を聖地とみなした。城を急襲する準備をする間、群衆は数日間罠にかけたユダヤ人たちを包囲した。ユダヤ人自身か迫害者の方か定かでないが、ただちに火が放たれ、150人のユダヤ人が死んだ。  (wikipedia・ヨーク_(イングランド)より)]

[ヨーク城は、イギリスヨーク市にある要塞化された複合施設です。一連の城、刑務所、法廷、その他の建物で構成され、フォス川の南側に過去9世紀にわたって建てられました。中世のノーマン城の現在廃墟となっている砦は、一般にクリフォードの塔と呼ばれています。かつてのヴァイキング都市ヨルビク(Jórvík)を支配するためにウィリアム1世の命令に基づいて建てられたこの城は、大規模な防備を備えた大規模な要塞に発展する前に、激動の初期の歴史に苦しみました。1684年の大爆発により、残りの軍事防衛が居住不可能になった後、ヨーク城は1929年まで刑務所および刑務所として使用され続けました。敷地内の最初のモットとベイリー城(Motte and Bailey castle)は、ヨークのノーマン征服に続いて1068年に建設されました。1069年に反乱軍とバイキング軍によって城が破壊された後、ヨーク城は再建され、堀や人工湖などの広範な水防で補強されました。ヨーク城はイギリス北部で重要な王室の要塞を形成しました。1190年、150人の地元のユダヤ人が城砦のポグロムで殺されました。 彼らのほとんどは暴徒の手に落ちないように自殺した。イングランド王ヘンリー3世(在位:1216年 – 1272年)は13世紀半ばに石で城を再建し、外側のベイリー壁と実質的なゲートハウス(Gatehouse)に支えられた、独特な四葉デザイン(Quatrefoil)の城を作りました。1298年から1338年までのスコットランド独立戦争の間、ヨーク城はイギリス全土の王室の中心としてだけでなく、重要な軍事基地としても頻繁に使用されていました。ヨーク城は15世紀と16世紀に荒廃し、地元の重罪犯と政治囚の両方の刑務所としてますます使用されるようになりました。エリザベス1世(イングランドとアイルランドの女王・在位:1558年 – 1603年)の頃には、この城は軍事的価値のすべてを失っていると推定されていましたが、ヨークの王室の中心として維持されていました。1642年のイングランド内戦の勃発により、ヨーク城が修復され、強化され、1644年に議会軍(円頂党)に対してヨークの王党派防衛(清教徒革命におけるイングランドの騎士党)に加わりました。ヨーク城には1684年まで駐在し続け、爆発によりクリフォード・タワーの内部が破壊されました。城のベイリーは、18世紀にヨークシャーの郡行政の中心地として新古典主義様式で再開発され、刑務所および債務者の刑務所(Debtors’ prison)として使用されました。19世紀の刑務所改革により、1825年にチューダーゴシック様式(Jacobethan)の新しい刑務所が城跡に建設されました。 最初に郡の刑務所として使用され、次に軍の刑務所として使用されたこの施設は、1935年に取り壊されました。20世紀までに、クリフォードタワーの廃墟は有名な観光地および国定記念物になりました。 現在、このサイトはイングリッシュ・ヘリテージ(English Heritage)が所有しており、一般公開されています。残りの建物は、ヨーク城博物館と刑事裁判所として機能します。
クリフォードの塔・wikipedia-photo、「バジル・モット(Basil Mott) 卿が1903年に制作したクリフォードの塔のマウンドの断面図、図”A”の部分は塔を支えるために設置した、20世紀のコンクリートの断面、マウンドのベースを囲む低い壁は19世紀に設置された部分。」・wikipedia-photo、「クリフォードの塔の計画図、A=ゲートウェイ、B=上にあるチャペルへの階段、C=階段室,D=抜け穴のくぼみ、E=井戸、F=暖炉、G=Guardrobe室」・wikipedia-photo、南東方向から見た14世紀のヨーク城の再建模型・wikipedia-photoE・Ridsdale・Tateによる15世紀ヨークのパノラマ・wikipedia-photo、イングランド内戦中のヨーク城(1644年)・wikipedia-photo、「1684年の大規模な爆発により、壁だけはそのままに、クリフォードの塔の屋根、床と中央の柱を破壊された」・wikipedia-photo、1730年頃のヨークの城と周辺のスケッチ・wikipedia-photo、「1846年に描かれたヨーク城、クリフォードの塔と並んで、少なくとも1825年に出来た新たな刑務所がのギザギザのあるゴシック様式のチューダー守衛詰所」・wikipedia-photo]

Clifford’s Tower, York – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向がクリフォードの塔です。

クリフォードの塔内のカメラです。

クリフォードの塔歩廊からのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*