聖ウィルフリッド教会

マーカーは聖ウィルフリッド教会です。

聖ウィルフリッド教会(St Wilfrid’s, York)
[聖ウィルフリッド教会は、イギリスヨークにあるローマカトリック教会です。
聖ウィルフリッドに捧げられた教会が中世からヨークにありました。 ローマカトリック教徒はそれを「ヨーク市の母教会」と呼んでいます。メインドアの上のアーチには、市内で最も詳細なビクトリア朝の彫刻があります。1864年には、彫刻、絵画、ステンドグラスが豊富なイギリスで最も完成度の高いカトリック教会の1つと考えられています。2013年に、教会は聖フィリップネリ礼拝堂の会衆(Oratory of Saint Philip Neri)に委ねられました。ミドルスブラのローマカトリック教区(Roman Catholic Diocese of Middlesbrough)の一部であり、1878年に解散するまで、ビバリー教区(Diocese of Beverly)の2番目の親大聖堂でした。
1585年、教区は教区教会を支援できませんでした(おそらくヨークの教会の数が多いため)。教会は冗長になり、取り壊されました。最終的に建てられ、教区は聖ミカエル・ル・ベルフリー(St Michael le Belfrey)と一体化した。セント・ウィルフリード教区(St Wilfrid’s parish)は、リトル・ブレイク・ストリート(Little Blake Street)にミッションを設立した1742年にヨークカトリックによって復活しました。ミッションは、イングランド北部地区の牧師、エドワード・ディコンソン(Edward Dicconson)によって設立されました。
カトリックの司祭の家は、チャペルハウスとして知られる、リトル・ブレイク・ストリート(現在のダンクーム・プレイス(Duncombe Place))7番に設立されました。1760年に、カトリック教徒のための礼拝の最初の公共の場所がヨークにオープンしました。チャペルは1802年まで続き、その反対側(現在の場所)に別のチャペルが建てられました。当時はまだ強い反カトリック感情があったので、チャペルは内陣によって通りから隠されていました。礼拝堂には700人を収容でき、ヨークではカトリックの人口が増え続けました。
現在の教会は1864年に10,000ポンドで完成しました。 1864年6月にワイズマン(Nicholas Wiseman)枢機卿によって開かれました。1968年にグレードII(Categories of listed building)に指定された建物になりました。
聖ウィルフリッド教会の外観・wikipedia-photo、聖ウィルフリッド教会のインテリア・wikipedia-photo]

ウィルフリッド – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が聖ウィルフリッド教会です。

聖ウィルフリッド教会身廊のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*