アンフィールド

マーカーはアンフィールドです。

アンフィールド
[アンフィールド (Anfield) は、イングランドマージーサイドリヴァプールにあるサッカー専用スタジアムである。
1884年、エヴァートンFCのホーム・スタジアムとして建設。1892年、クラブ経営陣の内紛によりエヴァートンがグディソン・パークにホーム・スタジアムを移した後、このスタジアムをホーム・スタジアムとすべく新たに設立されたのがリヴァプールFCである。その後、現在に至るまで何度も大規模な改装を重ねている。現在のところUEFAの4つ星認定スタジアムである。UEFAヨーロッパリーグ決勝戦までは開催可能であるが、UEFA欧州選手権UEFAチャンピオンズリーグの決勝戦は開催できない。
ペイズリー門とシャンクリー門
アンフィールド・スタジアムには二つの門があり、それぞれリヴァプールFCの歴史上最も輝かしい成績を残した二人の監督の名前から「ペイズリー門」「シャンクリー門」と名付けられている。「シャンクリー門」にはリヴァプール・サポーターの愛唱歌である「You’ll never walk alone」が掲げられている。また場内にはビル・シャンクリーの像も建てられている。
THIS IS ANFIELD
選手がピッチに入場する際に通過するプレイヤーズ・トンネルの入口には「THIS IS ANFIELD」と書かれた飾り板が嵌め込まれている。これはビル・シャンクリーの発案によるもので、シャンクリーによれば「我々の選手たちに、自分たちが誰の為に戦っているのかを思い出させるためのものであり、同時に相手方チームに対しては、彼らが誰を相手に戦うことになるのか知らしめるためのものでもある」とのこと。
ヒルズボロの悲劇の祈念碑
またスタジアムの一角にはヒルズボロの悲劇で亡くなった人々の祈念碑が建てられており、ホーム、アウェーを問わずこのスタジアムを訪れたサッカー・ファンが祈りを捧げる場所となっている。
You’ll Never Walk Alone
選手入場直前と試合終了直前にはリヴァプール・サポーターによるYou’ll Never Walk Aloneの大合唱が響きわたることでも有名である。選手入場前の合唱はSRによるレコード演奏がきっかけとなるが、サビの部分ではレコード演奏はミキサーでカットされ、サポーターの声のみとなる(しかしスタジアム中の音圧は最大となる)。チャンピオンズリーグの決勝トーナメントなどのビッグ・ゲームではこの大合唱が何度となく繰り返され、SRによるチャンピオンズリーグ・アンセムは殆ど聞こえない。
一方、試合終了直前の合唱は自然発生によるもので、レコード演奏は使用されない。
アンフィールド・wikipedia-photo  (wikipedia・アンフィールドより)]

アンフィールド – Google Map 画像リンク

アンフィールドゲート前のストリートビューです。

アンフィールド内のストリートビューです。

アンフィールド観客席のカメラです。

アンフィールド観客席最上段通路のカメラです。