ウィリアム・ブラウン図書館&博物館

マーカーはウィリアム・ブラウン図書館&博物館です。

ウィリアム・ブラウン図書館&博物館(William Brown Library and Museum・リバプール博物館)
[ウィリアムブラウン図書館および博物館は、1860年にオープンしたイギリスのⅡ級指定建造物(Categories of listed building)です。建物は現在、リバプール世界博物館とリバプール中央図書館(Liverpool Central Library)の一部を収容しています。
ウィリアム・ブラウン図書館と博物館の建物は、ダービー博物館(ダービー伯爵(Earl of Derby’s )の自然史コレクションを含む)の代わりとして考案され、市のデューク・ストリート(Duke Street)にある2つの部屋を図書館と共有しました。建物の土地と資金の多くは、地元の議員と商人であるリッチモンドヒルの第1男爵、ウィリアム・ブラウン(Sir William Brown, 1st Baronet, of Richmond Hill)によって提供されました。
通りの向こう側に当時完成したセント・ジョージ・ホールから続くこの新しい建物は、トーマス・アロム(Thomas Allom)によってコリント式の柱を含む古典的なスタイルで設計され、リバプールコーポレーション(Liverpool City Council)の建築家ジョン・ウェイトマン(John Weightman)によって修正されました。新しい建物は1860年にオープンしました。
リバプールは国の重要な港の1つであり、第二次世界大戦中のナチス・ドイツの爆撃により都市の大部分がひどく破損し、ウィリアム・ブラウン図書館と博物館も例外ではありませんでした。1941年の電撃戦中(Liverpool Blitz)に火炎瓶に見舞われ、建物は火災により破壊され、建物の多くは再建されました。博物館のコレクションの重要な部分は、他の場所に移動されていましたが、回避された場所への損傷がありました。
現在、図書館を再開発する計画が進められており、第二次世界大戦後の追加部分を少しずつ改修工事が続いていましたが、2013年にリニューアルオープンしました。
建物の正面エントランス・wikipedia-photo]

世界博物館 – Google Map 画像リンク」「National Museums Liverpool – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がウィリアム・ブラウン図書館&博物館です。ウィリアム・ブラウン図書館&博物館のエントランスは左側、リバプール中央図書館エントランスは、右側・カメラ北東方向にあります。

カメラ北方向がウィリアム・ブラウン図書館&博物館のエントランスです。

ウィリアム・ブラウン図書館&博物館インフォメーションホールのカメラで、カメラ南西方向がエントランスになります。

カメラ西方向がウィリアム・ブラウン図書館&博物館西口で、カメラ東方向がインフォメーションホール手前の喫茶コーナーになります。

カメラ東方向がウィリアム・ブラウン図書館&博物館西口になります。

博物館展示ルームのカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*