ウォーカー・アート・ギャラリー

マーカーはウォーカー・アート・ギャラリーです。

[Google アートプロジェクト] – 「ウォーカー・アート・ギャラリー

ウォーカー・アート・ギャラリー
[ウォーカー・アート・ギャラリー(The Walker Art Gallery)はリヴァプールにある美術館。ロンドン以外ではイングランド最大の美術館で、「北のナショナル・ギャラリー」とも呼ばれる。1877年に設立され、ウィリアム・ブラウン・ストリートにあるが、この通りは博物館・美術館・図書館しかない。
レンブラントニコラ・プッサンエドガー・ドガなどの作品を収蔵している。またヴィクトリア朝の画家の作品、前ラファエル派の作品や、彫刻などもある。20世紀の芸術家ではルシアン・フロイドデイヴィッド・ホックニーギルバート&ジョージなどを収蔵している。また二年に一度開催されるリバプール・バイエニアル(リバプール・ビエンナーレ)の会場ともなる。
「ウォーカー・アート・ギャラリー」・wikipedia-photo、「アルバート・ムーア作『夏の夜(A Summer Night)』(1890年)」・wikipedia-photo、「ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作『こだまと水仙(Echo and Narcissus)』」・wikipedia-photo  (wikipdia・ウォーカー・アート・ギャラリーより)]

ウォーカー・アート・ギャラリー – Google Map 画像リンク

カメラ初期設定方向がウォーカー・アート・ギャラリーです。

カメラ北北西方向がウォーカー・アート・ギャラリーです。

ウォーカー・アート・ギャラリー展示室のカメラです。

ウォーカー・アート・ギャラリー二階ホールのカメラです。

カメラ北北西方向左から、マッティア・プレティ(Mattia Preti)作『羊飼いの礼拝(The Adoration of the Shepherds)』(1660 – 1699年)、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ作『栄光の聖母子(Virgin and Child In Glory)』(1673年頃)、ピーテル・パウル・ルーベンス作『聖エリザベスと洗礼者ヨハネと聖母子(The Virgin and Child with Sts.Elizabeth and John the Baptist)』(1632 – 1634年頃)です。

カメラ左端下にジョン・ウィリアム・ウォーターハウス作『こだまと水仙(Echo and Narcissus)』右端下にアルバート・ムーア作『夏の夜(A Summer Night)』(1890年)があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*