キューナード・ビルディング(Cunard Building)

マーカーはキューナード・ビルディングです。

キューナード・ビルディング(Cunard Building)
[キューナード・ビルディング(Cunard Building)は、1917年完成の、リヴァプールにあるグレードII 指定建造物(Categories of listed building)で、ピア・ヘッド(the Pier Head)にある、「スリー・グレイシズ」(Three Graces, 美を司る3女神)と呼ばれるロイヤル・リヴァー・ビルディング(Liver Building)、ドック・ビルディング(Port of Liverpool Building)、キューナード・ビルディング(Cunard Building)のうちの一つです。リヴァプールユネスコが指定した世界遺産海商都市リヴァプールの一部です。
キューナード・ビルディングはウィリアム・エドワード・ウィルリンク(William Edward Willink)とフィリップ・コールドウェル・シックネス(Philip Coldwell Thicknesse)によって設計され、1914年から1917年に建設されました。建物のスタイルは、イタリアルネッサンスとギリシャリバイバルのミックスであり、その発展は特にイタリアの宮殿のデザインに影響されています。建物は、その側面を飾る華やかな彫刻で有名です。建物は、その建設から1960年代まで、キュナード・ライン(Cunard Line)の本部であり、建物はまだ元の所有者の名前を保持しています。また、リヴァプールから出発する大西洋横断旅行のためのキュナードの旅客施設の本拠地でもありました。現在、この建物はリバプール市議会が所有しており、ブリティッシュ・ミュージック・エクスペリエンス(British Music Experience)を含む多数の公共および民間部門の組織の本拠地です。
1914年キュナード汽船会社は自分の会社のための新本社の建設を依頼しました。建物は建築家ウィリアム・エドワード・ウィルリンクとフィリップ・コールドウェル・シックネスによって設計され、ルネサンス期のイタリアの壮麗な宮殿に触発されました。1914年から1917年にかけて建設されました。
2001年11月、建物はマージーサイドの公共部門労働者に年金サービスを提供するマージーサイド年金基金に売却されました。現在、この建物は、さまざまな公共および民間部門の組織にさまざまなオフィス施設を提供しています。2008年11月、建物管理者が地元の建築会社であるButtress Fuller Alsop Williamsに建物を保存するための保全計画を作成するよう任命したことが発表されました。この計画は、英国の遺産と地方自治体の保全担当官との協力を伴い、建物の改造や修理を管理するために使用されます。
2013年10月、リバプール市議会は、オフィスおよびクルーズライナーターミナルとして使用するためのキュナードビルの買収を承認しました。評議会は、この建物がミレニアムハウスから移された1,000人のスタッフとキャピタルビルディングのリースを収容し、推定130万ポンドを節約すると予測しました。しかしながら、巡航ターミナルとしての予想される使用は、セキュリティと国境管理に関連する高いコストのために放棄されなければなりませんでした。
「キューナード・ビルディング」・wikipedia-photo、キュナード戦争記念碑・wikipedia-photo、「キューナード・ビルディングは彫刻で飾られている」・wikipedia-photo、「キューナード・ビルディングの窓」・wikipedia-photo]

Cunard Building – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がキューナード・ビルディング(Cunard Building)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*