クオリー・バンク中学校

マーカーはクオリー・バンク中学校です。

[ジョン・レノンは1940年10月9日18時30分、第二次世界大戦ナチス・ドイツによる空襲下に置かれたリヴァプールで誕生。出生時、父・アルフレッドは商船の乗組員として航海中で不在。母・ジュリアも他の男性と同棲していたので母親の姉・メアリー(ミミ伯母)夫婦に育てられる。
1946年、父・アルフレッドが帰国し、父親に引き取られ数週間一緒に暮らしたが母・ジュリアがジョンを連れ戻す。しかし母と暮らすことはできず、再びミミ夫妻に育てられる。父は蒸発。
実の両親に育てられなかったからか少年時代は反抗的でケンカ騒ぎを起こす事が多かったという。1952年9月にグラマー・スクールのクオリー・バンク校(Calderstones School)に入学した。1955年に父親代わりだったミミの夫・ジョージが死去。
1956年のある日、エルヴィス・プレスリーの「ハートブレイク・ホテル」を聴き、ロックンロールの洗礼を受け、初めてのギターとなるギャロトーン・チャンピオンを新聞の通信販売で購入した。この頃、ジュリアが近くに住んでいることを知ったジョンは、ジュリアの家へ行き来するようになった。夫・フレッドからバンジョーのコードを教わっていたジュリアは、ジョンにバンジョーのコードをいくつか教え音楽に関心を向けさせた。
3月、クオリー・バンク校で、級友たちとスキッフルバンド「クオリーメン」を結成した。ジョン以外のメンバーは固定されないまま活動を続けていた7月6日、ウールトンのセント・ピーターズ教会で行なったクオリーメンのコンサートで共通の友人たるアイヴァン・ボーンにポール・マッカートニーを紹介される。
1958年2月、ポールにジョージ・ハリスンを紹介される。間もなくして彼のギターの腕を買い、クオリーメンへの加入を認めた。
1958年7月15日、非番の警察官が運転する車が母・ジュリアをはね死亡させる。母・ジュリアの死はジョンに大きく影響し、既に(1956年、14歳の時)母を乳癌で亡くしていたポールとの友情を固める要因にもなった。
1958年9月、ジョンはクオリー・バンクを卒業後、同校校長の取り計らいでリヴァプール・カレッジ・オブ・アート (Liverpool College of Art) に入学する。そこで最初の妻となるシンシア・パウエルと出会った。  (wikipedia・ジョン・レノンより)]

[「クオリー・バンク中学校正面、2012年9月」・wikipedia-photo]

Quarry bank John Lennon school 1952 a 1957 – Google Map 画像リンク

カメラ西北西方向がクオリー・バンク中学校です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*