サドリー・ハウス

マーカーはサドリー・ハウスです。

サドリー・ハウス(Sudley House)
[サドリー・ハウスはナショナル・ミュージアム・リヴァプールによって運営されている館です。リヴァプールビクトリア朝の商人、ジョージ・ホルト(George Holt)の家で、当時の配置のまま、美術品のコレクションがディスプレーされています。 ホルトは1860年代後半に、英国美術を中心に絵画の蒐集を始めました。コレクションのハイライトはジャン=フランソワ・ミレーエドウィン・ランドシーアジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナートマス・ゲインズバラ、ロムニーなどです。サドリー・ハウスではウォーカー美術館からの美術品、装飾品のコレクションも展示しています。中でもジョージ・ブロック(George Bullock)の家具は圧巻です。  (「リバプール 文化と史跡 サドリー・ハウス (Sudley House)」より)]

[サドリーハウスは、イングランドのリヴァプールのエイグバース(Aigburth)にある歴史的な家です。1824年に建てられ、1880年代に大幅に変更され、現在は博物館とアートギャラリーになり、船会社の所有者で元居住者であるジョージ・ホルト(George Holt)のコレクションが元の設定で含まれています。トーマス・ゲインズバラ、ジョシュア・レノルズ、エドウィン・ランドシーア、ジョン・エヴァレット・ミレー、J。M. W.ターナーの作品が含まれています。
この家は、1944年にホルトの娘エマ・ジョージナ・ホルト(Emma Georgina Holt)によってリヴァプール市に遺贈され、現在はリヴァプール国立博物館(National Museums Liverpool)によって管理されています。
改修
サドリーハウスは2年間、100万ポンドの改修のために閉鎖され、2007年5月26日に再開されました。
これには、ジョージ・ホルト時代の美的スタイルの改装と、次の3つの新しいアトラクションが組み込まれた1階の大幅な変更も含まれています。
●2つの子供部屋:ヴィクトリア朝の子供たちがどのように学び、遊んだか。 展示品には、ヴィクトリア時代の巨大な人形の家、教育玩具、ファッション人形、金持ちや貧しい子供たちが食事時に使用する鍋などがあります。
●コスチュームルーム:歴史的な衣服のディスプレイを定期的に変更します。 そのような展示の1つは、リバプール国立博物館が開催しているエミリー・ティンネ(Emily Tinne)とその子供たちの膨大なコレクションのごく一部を示しました。
●一時的な展示のためのギャラリー
ニコラウス・ペヴズナーは、これらの変更が、家を家と博物館として見せることの間に建築的な「緊張」を生み出すと言います。1階のライブラリには、ジョージ・ホルトファミリーに関するディスプレイが含まれています。これには、紹介映画、家族の肖像画、ジョージ・ホルトが1845年に共同設立したランポート・アンド・ホルト(Lamport and Holt)の船会社に所属する汽船ヴェルディ(Verdi)の模型が含まれます。
サドリーハウスの北のファサード・wikipedia-photo、サドリーハウスの南正面・wikipedia-photoエドワード・バーン=ジョーンズによるフラッグレットを演奏する天使・wikipedia-photo]

サドリー・ハウス – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がサドリー・ハウスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*