テート・リバプール、アルバート・ドッグ

マーカーはテート・リバプールです。

テート・リバプール
[テート・リバプール(Tate Liverpool)は、イギリスマージーサイド州リヴァプール市にある国立の近現代美術館。テート・ブリテンテート・モダンなどとともに、国立美術館ネットワーク「テート・ギャラリー」の一部をなしている。イングランド北部のみならず、ロンドン以外のイングランドで最大の近代美術・現代美術の展示品数を誇る。研究を専門とする学芸員は現在6名。リヴァプールの港湾再開発地区、アルバート・ドックの、ジャッセ・ハートリー設計の1840年代の倉庫をジェームズ・スターリングが改造して1988年開設された。リヴァプール港はかつて砂糖交易の中心地であり、テート・コレクションの生みの親であった19世紀の実業家・砂糖加工業者、サー・ヘンリー・テートゆかりの地でもある。館内では、テート・コレクションに属するイギリス美術・近現代美術の作品を、テートの他の美術館と回しながら展示している。リバプールの場合は特に、ヘンリー・ムーアなどイングランド北部にゆかりのある作家の作品が中心になっている。またリバプール独自の活動では、地元住民や専門家に対する教育企画、特に児童・生徒がテート・コレクションの中から自分達で作品を選びカタログなども作る展覧会作成企画『ヤング・テート』がユニークな取り組みである。
「埠頭地区、アルバート・ドックにあるテート・リバプール」・wikipedia-photo  (wikipedia・テート・リバプールより)]

アルバート・ドッグ(Albert Dock)
[ロイヤルアルバートドックは、イギリスのリバプールにあるドックの建物と倉庫の複合体です。ジェシー・ハートリー(Jesse Hartley)とフィリップ・ハードウィック(Philip Hardwick)によって設計され、1846年にオープンし、鋳鉄、レンガ、石で作られた英国初の構造物であり、構造用木材はありません。その結果、それは世界で最初の不燃性倉庫システムでした。建造時には、アルバート・ドッグ(2018年にロイヤルステータスを取得する前は以前に知られていた)は、船舶が倉庫に直接積み下ろされるため、革新的なドッキングシステムと見なされていました。開港から2年後、世界初の油圧クレーンを搭載するように改造されました。オープンでありながら安全なデザインのため、アルバートドックはブランデー、綿、茶、絹、タバコ、象牙、砂糖などの貴重な貨物の人気倉庫になりました。しかし、アルバートドックの高度な設計にも関わらず、輸送技術の急速な発展により、50年以内に、より大型でよりオープンなドックが必要になりましたが、貨物の貴重な保管場所でした。
第二次世界大戦中に、アルバートドックは海軍本部によって英国大西洋艦隊の船の基地としての役割を果たしました。複合体は、特に1941年のメイブリッツ(May Blitz)のリバプールでの空襲の際に損傷を受けました。戦争の余波で、所有者の財政的問題と都市でのドッキングの一般的な衰退は、アルバートドックの将来が不確実であることを意味しました。建物を再利用するための多くの計画が策定されましたが、どれも実現しなかったため、1972年にドックは最終的に閉鎖されました。10年近く放置されていたドックの再開発は、1981年にマージーサイド開発公社(Merseyside Development Corporation)が設立され、1984年にアルバートドックが正式に再開されたときに始まりました。
今日、ロイヤルアルバートドックは市内の主要な観光名所であり、ロンドン以外の英国で最も訪問された多目的アトラクションです。ユネスコ指定世界遺産海商都市リヴァプールの重要な構成要素であり、ドッキング複合施設と倉庫は、英国のどこにでもあるグレードI(Categories of listed building)に登録された建物の最大の単一コレクションを構成しています。
「ロイヤルアルバートドック、リバプールウォーターフロント」・wikipedia-photo、「アルバートドックの設計により、船は積み上げられ、大型倉庫から直接積み降ろしが可能になりました。」・wikipedia-photo、「巨大な鋳鉄製の柱がアルバートドックの岸壁に沿って並んでおり、上の建物を支えています」・wikipedia-photoITVThis Morningのイギリス諸島の浮かぶ天気図・wikipedia-photo、1979年にマージー川から見たアルバートドック・wikipedia-photo、1909年の大英帝国の造船所とポート地図・wikipedia-photo]

テート・リバプール – Google Map 画像リンク」「アルバート ドック – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がテート・リバプールで、その前海周囲がアルバート・ドッグです。

カメラ南南西方向がテート・リバプールで、その前海周囲がアルバート・ドッグです。

テート・リバプールのエントランス前です。

カメラ位置はマージーサイド海事博物館(国立関税博物館)南側で、カメラ南南東方向海周囲がアルバート・ドッグです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*