ビートルズ博物館

マーカーはビートルズ博物館です。

ビートルズ博物館(The Beatles Story)
[ザ・ビートルズ・ストーリーは、イギリスリバプールにある、ビートルズ博物館。ビートルズのメンバーの生い立ちから、デビュー、全米ツアー、解散にいたるまで、数々のエピソードを交えながら、テーマパーク風に展示されている。オーディオガイドの日本語テープを聞きながら回れる。
開館時間
4月1日~10月31日の 毎日  9:00~19:00(最終入場は17:00)
11月1日~3月31日の 毎日 10:00~18:00(最終入場は17:00)
年休は12月25日と26日  (「ザ・ビートルズ・ストーリー – 旅ウィキ」より)]

[数々の賞も受賞したビートルズ・ストーリーのエキジビションはFab Four(ビートルズのこと)のファンなら必見です。館内をめぐるツアーでは石だたみの道を闊歩したハンブルグ時代や、カヴァーンクラブ(地下の匂いもそのまま!)の時代などビートルズの成長の記録をご覧になれます。ビートルマニアの熱狂とリヴァプールが生んだ世界に羽ばたく4人の悲しい決別など、年代ごとに展示されています。展示の最後はごく最近オープンしたばかりの”The Solo Years”(ソロの時代)が飾ります。ポール・マッカートニーのソロ時代の経歴の展示と彼のLIPA リヴァプール芸術大学(The Liverpool Institute of Performing Arts)への貢献など、セクション全体が彼のために捧げられています。その他には、ジョージ・ハリソンが最初に使用したギターが全英でも初めて展示されています。ザ・ホワイト・ルーム(The White Room)はジョン・レノンをテーマにした展示で、イマジン_(映画)の中で彼が着用していた黒いベルベットのジャケットを中心に構成されています。ビートルズ・ストーリーはジョンのオレンジ色のサングラスも所蔵。”Lenses of Lennon”(ジョンのレンズ)の部屋では彼のトレードマークのサングラスのレンズを通して外を覗けるようになっています。  (「リバプール 音楽とザ・ビートルズ ビートルズ・ストーリー (Beatles Story)」より)]

[ビートルズストーリーは、リバプールのビートルズとその歴史に関する博物館です。歴史的なアルバート・ドックにあります。ビートルズストーリーは1990年5月1日にオープンしました。
ビートルズストーリーには、ジョン・レノンのスペクタクル、ジョージ・ハリソンの最初のギター、ブリティッシュインベイジョンとあらゆるビートルのソロキャリアに関する詳細な歴史など、ビートルズの歴史的なアイテムの中でも特に、カスバ・コーヒー・クラブ(The Casbah Coffee Club)、キャヴァーン・クラブアビー・ロード・スタジオが再現されています。展示会は、2015年までに100か国以上から400万人以上が訪れました。博物館はまた、2015年に英国の最高の観光名所の1つとして認められました。展覧会の前には、洞窟メッカ(1981-1984)とビートルズシティ(1984-1986)がありました。
ビートルズストーリーへの入り口・wikipedia-photo、ビートルズストーリー展・wikipedia-photo]

ビートルズ・ストーリー – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向地下がビートルズ博物館です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*