ピア・ヘッド

マーカーがカメラ位置です。

ピア・ヘッド(Pier Head)
[ピア・ヘッド (the Pier Head) は、「スリー・グレイシズ」(Three Graces、美を司る3女神)と呼ばれるロイヤル・リヴァー・ビルディング (Liver Building) 、ドック・ビルディング(Port of Liverpool Building)、キューナード・ビルディング(Cunard Building)が存在している場所である。この地域はリヴァプールの水辺の中心的位置にあり、19世紀から20世紀にかけての港の繁栄ぶりを伝えるものとなっている。この地域にウィル・オールソップ (Will Alsop) 設計の「第4の女神」ザ・クラウド (the Cloud) を付け加える計画もあったが、2004年に見送りが決定した。その代わりに、新しいリヴァプール博物館 (Museum of Liverpool) の建設が進められ、新しい博物館は2011年にオープンしました。。
ピアヘッドの「三美神」と呼ばれるビルディング群・wikipdia-photo、「ピア・ヘッドのスリー・グレイシズ」・wikipdia-photo、商船海軍記念碑・wikipedia-photo、「浮動上陸段階、1930年頃」・wikipedia-photo  (wikipedia・海商都市リヴァプールより)]

Pier Head – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向が「スリー・グレイシズ」で、西南西方向が桟橋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*