ピクトンの読書ルームとホーンビー・ライブラリー

マーカーはピクトンの読書ルームとホーンビー・ライブラリーです。

ピクトンの読書ルームとホーンビー・ライブラリー(Picton Reading Room and Hornby Library)
[ピクトンの読書ルームとホーンビー・ライブラリはリバプール中央図書館(Liverpool Central Library)の一部を形成する、イギリスのⅡ級指定建造物(Categories of listed building)です。建物はコルネリウス・シャーロック(Cornelius Sherlock)によって設計され1879年に完成した。大英博物館の読書室を手本にした、英国内の最初の電気を点灯したライブラリです。ピクトンの読書ルームは1906年に追加された。トーマス・スヘルメルダイン(Thomas Shelmerdine)によるホーンビー読書室(Hornby Reading Room・ヒュー・フレデリック・ホーンビー(Hugh Frederick Hornby)にちなんで名付けられた)は、1906年に追加されました。古い建物の後ろにあり、インテリアはエドワード朝(Edwardian era)の帝国様式で装飾されています。
ウィリアムブラウンストリートから見たピクトン読書室・wikipedia-photo
ピクトン閲覧室
ジェームズピクトンirの胸像・wikipedia-photo、1階の眺め・wikipedia-photo、ギャラリーから見た眺め・wikipedia-photo、ドームの内部・wikipedia-photo、ホーンビー図書館への扉・wikipedia-photo
ホーンビー図書館
ヒュー・フレデリック・ホーンビーの胸像・wikipedia-photo、図書館のインテリア・wikipedia-photo、1階ギャラリーからの眺め・wikipedia-photo、オークボン(John James Audubon)の 「アメリカの鳥(The Birds of America)」のコピーが収められたオークルーム(The Oak Room)・wikipedia-photo]

セントラル図書館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がリバプール中央図書館のエントランスで、正面右側・カメラ北北東方向がピクトンの読書ルームとホーンビー・ライブラリーです。

リバプール中央図書館のエントランス前・黄昏のカメラです。

リバプール中央図書館のエントランス前のカメラです。

リバプール中央図書館のセンターホール・インフォメーションカウンターのカメラで、カメラ東南東方向がピクトンの読書ルームへの通路です。

センターホール最上階からのカメラです。

センターホール東側に位置する、ピクトンの読書ルームのカメラで、カメラ西北西方向がセンターホール、カメラ北方向がホーンビー・ライブラリーへのドアになります。

ピクトンの読書ルームの北側に位置する、ホーンビー・ライブラリーのカメラです。

オークルーム(The Oak Room)のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*