ペニー・レイン通り

マーカーはペニー・レイン通り/タブデール・ロード交差点です。

ペニー・レイン(Penny Lane)
[「ペニー・レイン」(”Penny Lane”)は、1967年2月にビートルズが発表した14枚目のオリジナル・シングル曲である。両A面シングル曲で片面は「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」である。レノン=マッカートニーの作品。実質的にはポール・マッカートニーの作った楽曲である。リードヴォーカルはポール・マッカートニー。ポール・マッカートニーはこの曲をジョン・レノンの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」に触発され作ったと言われている。リヴァプールにあるペニー・レイン通りがモチーフになっている。ペニー・レインという響きを気に入っていたポール・マッカートニーが、過ぎ去りし日々を思い出し作曲した。ただ、実際にペニー・レインに住んでいたのはポールではなくジョン・レノンだったと言われる。同じくリヴァプールの実在の場所をモチーフとしたジョンの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」に比べると、非常にポップに仕上がっていて好対照をなしている。曲で謳われる床屋や街角の銀行は今も健在で、何の変哲もない小さな通りながらもビートルズゆかりの地や名所として人気が高い。
この曲のヒットで Penny Lane の標識の盗難が相次ぎ、一部では標識はとりやめになりペンキで描かれるようになった。小説家のクライヴ・バーカーは、少年時代をペニー・レイン通りで過ごしたが、そこが「ペニー・レイン通り」であることを知らなかったという。その理由は、「ペニー・レイン」を示す町の標識が、ビートルズのファンの書き込んだ名前などの悪戯書きで埋めつくされていて、通りの名称部分が見えなかったからであった。
「ペニー・レインの標識」・wikipedia-photo、歌詞に登場する床屋のトニースレイヴィン(角の白い看板)・wikipedia-photo  (wikipedia・ペニー・レインより)]

[ペニー・レイン(Penny Lane)という、かつて銀行で、今は薬局になっている場所もある。同名の楽曲のモチーフを与えた場所で、労働者の息子のマッカートニーがある日、バス停でバスを待っていたところ、そこに街で唯一の自動車所有者であるペニー・レイン銀行の男が自動車で通りかかって、家に自動車が無いマッカートニーはそれをやっかみ、自動車を所有する銀行家のことを「おかしいね」とあざ笑うかのような歌詞、当時のその界隈特有の経済状況を知る地元民以外にはさっぱり意味が通じない、とてもローカルな歌詞が生まれることになった)。  (wikipedia・リヴァプールより)]

Penny Lane Road Sign – Google Map 画像リンク

カメラ位置はチャーチ・ロードで、カメラ北北西方向が歌詞に登場する床屋のトニースレイヴィンです。カメラ南西方向、クロントン・ロードからペニー・レイン通りです。

カメラ位置はペニー・レイン通り/タブデール・ロード交差点です。

カメラ位置はグリーンバンク・ロードで、カメラ北東方向がペニー・レイン通りになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*